クラウントリガーの解放条件&出し方|アビスリウム深海の隠し魚

アビスリウム

アビスリウム深海にいるクラウントリガーは「緑カササンゴ」を開放した状態で「パロット魚を2匹所有」していれば解放されます。緑カササンゴは、青いキャベツサンゴの次に解放されるサンゴで、パロット魚はオレンジと青2種類いるごついお魚のことです。

 




 

クラウントリガーは「緑カササンゴ」と「パロット魚2匹」

クラウントリガー(和名モンガラカワハギ)は、緑カササンゴを開放して、パロット魚を2匹ゲットしていればOKです。案外すんなり解放されますので、あえて狙っていかなくても攻略できます。

 

実在するカワハギの仲間で、海水魚として飼育されることもあります。

 

 

クラウントリガーはこんな感じの子

クラウントリガーはアビスリウム深海ではかなりちっこいお魚なので、サンゴやジャイアントグリーンケルプに隠れちゃって見えなくなることも多いです。

 

海水魚としてはTHE熱帯魚感が出るので、彩りを加えてくれる大切な仲間です。

 

クラウントリガー:Wikipedia

モンガラカワハギ(クラウントリガー)とは?

自然界ではクラウントリガー=モンガラカワハギは体長30cmほど、熱帯や亜熱帯の沿岸部、サンゴ礁付近によくいるお魚です。

 

カワハギは口の歯が鋭いので噛まれるとガッツリ持っていかれますので、カワハギを釣り上げても口に指を入れてはいけません。

 

口の周りのオレンジ色と、白い斑点模様が特徴で、毒はないようで、カワハギの捌き方と同じです。皮がきれいにはげます。お刺身にするとコリコリっとしておいしいそうです。

 




スポンサーリンク