当職Twitter運用方針

2019年10月27日

ここでは、当職のTwitter運用方針をまとめています。この運用方針に従い、投稿、行動し、必要に応じてブロック、ミュート、フォロー解除をしております。せっかくフォローしたのに、ブロックされたんだけど、何やお前!!ってお怒りの方、ごめんなさい。嫌いなわけじゃないんです。方針上しょうがないんです。

 

通報・ブロック条件

以下の条件に該当する場合は、ブロック、及び、通報、セキュリティ関連、他Twitterアカウントでのブロックリスト共有、適用を行います。

  • 現金・金品に該当するものを抽選で配布
  • プロフ欄にクローズドグループへのリンクがある
  • 他のアカウントへの誹謗中傷をしている
  • 他のアカウントへの気遣いないリプをしている
  • 特定の保護されるべき人々を非難している
  • Twitter規約に違反している
  • イキりすぎ・勘違いしすぎな方
  • 不正行為、また、不正行為を助長する行為
  • ブログ被リンク工作やフォロワー共有工作をしている
  • 各種スクールやサービスへの加入推奨をステマで進めている
  • 炎上商法を行っている
  • フォロワー集めが主目的なアカウント

 

ブロックされない行為について

ここではブラックリストに入れる必要がないと判断される行為を念の為、記載いたします。本来は自身で、禁止行為やブロック条件から予測すべきことですが、一応まとめます。

  • 写真(各種諸々)ばかりつぶやく
  • ハッシュタグが多い
  • 愚痴:自身のTLでネガティブ意見を投稿(他人のリプで誹謗中傷はダメ)
  • 特定行為:100%悪事を働いているのに処断されていない場合(見逃すに近い)
  • いろんなトレンドについて工夫してつぶやく
  • 虫、プチグロ系の写真、動画を投稿
  • 無害な自動投稿をしている
  • トレンドで遊んでいる
  • タイミングに関係なく飯テロをしている

誹謗中傷や愚痴に近い行為も、個人の投稿としてつぶやく分には問題ありません。ただし、気持ちをぶつけたい相手の投稿にリプでつぶやくのは頂けません。基本的に、誰かを苦しませない内容で、個人の趣味嗜好の範囲で「別によくない?」というものに関しては、スクショや「>RT」行為が許容されます。

 

ミュート対象について

炎上やバズっているツイートについているクソリプによくある表現、キーワード、単語、隠語、極端な下ネタ用語はミュート対象です。既にミュートされているものがほとんどですが、一定数ミュートに該当する単語を発しているとブロックとなります。この場合のブロックは、通報を伴わないもので、半分閉じたコミュニティ内であれば好きにやってくれて構わないというものです。

 

フェミニストや環境保護活動家、共産主義、資本主義、全体主義など、主義、思想に関して、どちらか一方を蔑んだり、まるで人間じゃないというような書き込みはブロック及び通報対象です。それは各個人の思想であり、大衆のそれをもって封殺してはいけません。これはどちらの立場のものであっても同じです。

 

プロフィールに未記載の事項

当職の投稿内容は、所属する企業、組織、公的機関、及び、関連法人、また、法人に該当する集団においての立場をもって行われたものではなく、当職の個人の主観、趣味に重きをおいて投稿されたものです。関係機関とは一切関連はありません。

 

なりすまし、投稿の自動取得などは厳重にチェックしております。公式APIを使用しての収集は問題ありません。よく自動取得したつぶやきが、投稿元アカウントでは存在していない場合がありますが、それはそういうものだということです。あなたにしか見えていません。

 

当職は、不思議な立ち位置におります。息苦しくもあり、野望のためでもあり、同じ単語でも全く別の主語を意味する場合が多々あります。投稿内容は一部暗号となっている場合があります。特定の閲覧者(FF関係にあるかどうかに関わらず)、グループへの発信となっている場合もあります。まれに不可解なつぶやきが残されることがありますが、ご了承ください。

 

いいねの意味について

当職からいいねを押す意味合いは複数あります。

  • それは正解です
  • 見ました
  • いい情報ありがとう
  • 元気出して
  • かわいい
  • 尊い
  • 手が滑った
  • 気づいているよ
  • 見えているよ
  • 気づいて
  • かまって

なんで、このつぶやきに???というものにいいねがついてたら「正解・良い情報」がほとんどです。その界隈の方々にはおそらく役に立つ何かが隠れています。でも、おおっぴらには拡散できないので、個人の趣味として、手が滑っていいねを押しています。ここで書いて良いのかい?と思うかもしれませんが、誰も見ないので、この記事を。よほどの人じゃないと。

 

スポンサーリンク