2020年1月8日にリリースされたアビスリウムポールの攻略情報をまとめました。地球温暖化のこのご時世に、南極の動物たちと戯れられる(写真撮影できる)アクアリウム?南極シミュレーションゲームです。深海のアビスリウムと遊び方はほぼ同じです ...

アビスリウム2021年1月の新年イベントの攻略情報をまとめてあります。お魚の創造条件、クエスト、ミッションなど効率的な攻略手順などを見つける参考にどうぞ。イベント通貨は「大福」で前回のイベント通貨は繰越で、今回も使えます。あけましてお ...

先日「Avocados from Mexico」という絵文字付きのメッセージが送られてきて、まんまとミームに汚染されたわけですが、なんで流行ってるのか分からずに少し調べてみました。Tiktokなどでは「Avocados from Me ...

Bee Simulatorは主にトロフィー獲得、アーカイブやゲーム内のデータを開放していくゲームです。プレイしていれば8割型トロフィー・実績は獲得できますが、一部クセのあるものもあります。ここでは全てのトロフィーと実績、その中で特に分 ...

Bee Simulatorのトロフィー要素でもある小さいミツバチ(Little Bee)10匹の発見。どこにいるのかいまいち分かりにくいですが、草むらの中にいることはほぼなく、人工建造物や動物園の動物の檻の中とかに迷い込んでいます。草 ...

Bee Simulator内ではクモの巣に引っかかった場合、そこから抜け出すためのミニゲームがあります。なんてことはない、緑色のゲージの時にクリックすればよいだけで時間もたっぷりあります。冷静に対処すればクモの巣なんて怖くありません。 ...

スポンサーリンク

Bee Simulatorの1つ目(最初)のストーリーでは、ミツバチが生まれて、なんやかんやあって、新しい家に引っ越して安定した暮らしを手に入れるまでが描かれています。スズメバチや人間の駆除、蜘蛛などの天敵など、ミツバチにとっての脅威 ...

Bee Simulatorでは操作するハチの見た目を変えられます。ESCからメニューを開いて「EXTRAS」の「WARDROBE」からスキンをゲーム内ポイントで購入できます。購入したあとは「Accept」で装備すると反映されます。高速 ...

Bee Simulatorにはミニゲームとして「ダンス」というパズル要素があります。相手のミツバチの動きをそっくり覚えて真似するだけです。操作ミスと記憶力との戦いになりますが、時間制限はないみたいなので冷静にやればクリアできます。上下 ...

Bee SimulatorをSteamで購入してPCで遊んだわけですが、ちょっと調整したほうがよい所があったので備忘録的にメモ。VFX効果音の音量はバトルの時の音で大きすぎるので半分以下で、マウス感度は70くらいあってもOK。上下ホバ ...

トロフィーの「指輪ミツバチ物語」はアシカのいる周辺で手に入ります。「謎の言葉」を入力するコンピュータは新しい巣を出て右に真っ直ぐ行ったあたりで、5人ほどの人がたむろしてる所にあり、その場所のコンピュータに近づいてインタラクト(チクっと ...

Bee Simulatorでは、敵対しているスズメバチ(Hornets)やアシナガバチなど(Wasps)との戦闘があります。Steamで入手したPC版では、マウスの右クリックと左クリックだけで、他にすることはなく、簡単でした。問題はク ...