【Engineer】Farseerに会いにDECIAT行ってくる|FSDやThrusterが強くなる

LogBooks ~航海日誌~

Elite: Dangerous Horizenシーズンパスを買ったら使えるようになる「Engineer」では、FSDやThrusterの強化ができるとのことで、Meta AlloyをMAIA星系の地上基地で購入して、そのままDECIATまで旅していろいろアップグレードしました。Meta Alloyは一つ寄付すればOKで、あとは採掘や敵機撃墜後に回収できる素材などで強化できます。

 

いざDECIATへ

MAIA星系で「Meta Alloy」を購入してから一直線にDECIATに飛びました。400Lyくらいあった気がする。普段拠点にしているATAGATのGlashow cityからは120Lyくらいなので、遠くはないけど、近くもない感じ。

 

斜線があるところはThargoidがいるところなので、近寄らない方が良さそうだ。たぶんイケるけど、まだ早い気がする。

 

Farseerの基地にLANDING中。通信音声がロボットみたいなのが特徴的で、基地の作りも今まで見たことのない感じでなんかエモい。

 

降下完了。なんだかすごくいい感じ。すごくいい。

 

Farseerに会いに来た

Engineerの基地でできることは限られている。最初は、いつもの基地では「Outfit」等がある辺りにある「Engineerなんちゃら」を選んで「Meta Alloy」をDonate(寄付)するとエンジン系のアップグレードができるようになります。

 

毎回Meta Alloyが必要なのではなく、最初だけMeta Alloyが1個あればいい。

 

装備さえ積んでいればCrは追加で必要にはならないみたい。装備を買うこともできるけど、そのとき船に積んでいるFSDやらShield Boosterやらをアップグレードできる。

 

お楽しみの時間だ

Shield Boostの割合を増やせたり、装置の重さを軽くしたり、強度を高めたり、といろいろチューニングできる。性癖に刺さる。

 

Thrusterも強化できる。強度を上げるも良し、効率を上げるも良し、出力を上げるも良し。

 

シールド・ブースター(Shield Booster)はシールドごりごりに強くできるみたいなので、AランクのShield Boosterをさらにブースト強度、割合上げて、シールドストックできるやつと、さらに、Shield Generatorをゴリゴリに上げておけば相当堅いシールドができると思う。

 

この記事ではPythonでチューニングに行ったけど、今、乗ってるCorvetteではシールドが1100オーバーだ。Shield Generatorをもうワンランクあげて、CからAにして、これもどこかのEngineerにいじってもらいつつ、ここでアップグレードしたShield Boosterをつけておけばがっちがちのシールドにできるだろう。

 

Power Plantという電力も30から33にアップグレードするくらいならできるので、電力不足になることもあまりなさそうだ。

 

一つのパーツにEngineerの効果を一つつけられる。同じ名前のパーツでもエンジニアにいじってもらったものと、そうでないパーツに分かれる。

 

お金と装備に余裕があり、そのスペックの装備を強化したいならば、ここでどんどん載せ替え、Engineerで資源の許す限りアップグレードしておいて、拠点の星系のステーションで、「Stored Multiple」だったかで、そのステーションに運搬してもらえばいいのだ。DECIATのFarseerの基地から、少なめのCrで30分くらいかけて輸送してきてくれる。

 

Shield Boosterバランスチューニング

Shieldには、熱耐性(Heat)、物理耐性(Kinetic)、爆発耐性(Explosive)とたぶん3種類くらいの耐性を付与できる。

 

効率重視のものでそれぞれ+5%できるので、まずはこれ(名前と画像は忘れてきた)を載せておくと良い。

 

で、熱効率アップ特化のものにすると+7%くらいしてくれる代わりに、他のが-1%とちょっと下がる。

 

Shield Boosterを3つ、4つ積んでいるなら、これでバランスよく底上げができるはずだ。

 

【1つ目のShield Booster】効率重視Efficiency?

Heat+5%/Kinetic+5%/Explosive+5%

 

【2つ目のShield Booster】Heat重視

Heat+12%/Kinetic+4%/Explosive+4%

 

【3つ目のShield Booster】Kinetic重視

Heat+11%/Kinetic+11%/Explosive+3%

 

【4つ目のShield Booster】Explosive重視

Heat+10%/Kinetic+10%/Explosive+10%

 

ここで、ShieldでKineticとExplosiveに振る必要はあるのか?問題が発生。日頃の戦闘で、たぶんミサイルとPlasmaを打ってくるやつがいて、個人的にそれにシールドを3枚中1枚、2枚削られる体感。削られながらこちらもBeamとPulseとMultiCannonの集中砲火浴びせるので先に相手のShieldを削れるんだけど、MultiCannonなどが当たっていてもシールドは消耗することを忘れてはいけない。

 

ミサイルはちょいちょい防げるけど、PlasmaとかRailgunは避けれないのでつけといたほうがマシな気がする。

 

ただし、Corvetteで、Shield Booster6個載せてて、それ全部Heat耐性つけると他は下がるけれど、+7%が6回付与になるから、どう計算すれば良いんだ?

Boosterなしの時点で100だったら、1つつけたら107?

次は107の+7%で114.49?合ってる?

たぶん、最終的に100のシールドは150.07くらいになるのでたぶん、だいたい1.5倍の熱耐性持ちのシールドが出来上がるわけだ。

 

…え、これどっち?Heat耐性に振ったほうが良い?Kineticいらない?でも、全体的にバランスあげたい。どうしよう。あー、どうしよう。

こうやって楽しむのがElite: Dangerousです。ええ。

 

LogBooks ~航海日誌~

Posted by Guardian