冷凍庫を有効活用していこう【一人暮らしのヒント】

一人暮らしのヒント

一人暮らしの強い味方である業務スーパーや半額セール品をさらに有効活用するには、冷凍庫が必須です。一人暮らしでは高性能な冷蔵庫は買う必要がないため、冷凍庫付きの冷蔵庫を、事前に上手に使いこなしてやりくりする必要があります。対策しておけば霜取りなんかもしなくて済みます。

業務スーパーと冷凍庫

業務スーパーに売っている1kg800円とかの唐揚げは、冷凍されているので、保管は基本冷凍です。

 

冷凍保存するので、冷蔵保存より長く保存できて非常に便利です。自分で生の胸肉とかを買ってきて、衣つけて、油であげて…とやっていると片付けと手間と時間が全て生活の負担になります。ここは、節約して冷凍唐揚げのお世話になりましょう。

 

もちろん唐揚げ以外にも野菜や炊いたお米も冷凍しておけば、必要な時に再加熱だけして使えて非常に効率的です。業務スーパーではカット野菜やフルーツも売ってますので、冷凍フルーツは夏場にアイスとして活躍、健康維持のための栄養補給にも一役買います。

 

取り出しやすいレイアウトを

買ってきたものを、とりあえずぽいぽい冷凍庫に突っ込んでいると、だんだん奥の方に忘れ去られた食材スペースと霜が付きます。

 

ダイソーで売っているちょうどよいサイズのケースなどを活用して、冷凍庫内に引き出しのような空間を作りましょう。業務スーパーで買った食材は、そのケース内に入れて保管するよう心がけると、使う時にも便利、取り出す時にも便利、見やすくて残量確認も簡単、霜取りもしやすくなります。

 

冷凍庫をきれいに整えておけば、冷凍庫から食材が雪崩れてくることもなくなります。冷凍庫が閉まらないからと、ガムテープで貼っとく必要もなくなります。あとからレイアウトを組むのは非常にめんどいので、冷凍庫付き冷蔵庫を稼働する時点で工夫しておきましょう。

半額の肉・魚・納豆は冷凍で

半額で購入できた肉・魚・納豆などは、冷凍しておくと想像以上に長持ちします。

 

冷蔵庫では3日もするとヤバい状態になりますが、冷凍だったら2週間位はセーフです。半額セールの時に少しまとめてゲットして、お財布にもやさしく、食材は多く確保して、長く生命維持できればお得です。

 

ぶっちゃけ、スーパーでカットされて売られている時点で栄養なんてあんま気にしてもしゃーないので、腹に安全に入れられればいいんです。そのためには半額セール品もしっかりラップやジップロック管理して、冷凍して中期保存して、節約とそこそこの食事を両立させましょう。

 

スポンサーリンク