少年キューピット|2019年アビスリウムバレンタイン

少年キューピットはiPhone1200円、Android1000円でアビスリウムの世界にお迎えできる課金魚です。弓を持ち、ハートを撒き散らす矢を放ちます。一度購入すればお魚リストの一番下の方からハートで量産できるようになりますので、買い切り安心、量産可能なキューピットです。タイミングよく写真撮影すればもしかしたら良いのが撮れるかも。

 

少年キューピット詳細

そのままです。課金魚なので、少年キューピットパックを購入するという、ただそれだけです。モーションが魅力的なので、ぜひコレクションしておきたい子です。

 

頭に乗っているシュークリームみたいなのは、ただの髪の毛です。天使の輪っかがありますが、死んだわけではないと思います。

 

一番の魅力は弓矢のモーションです。ハートの矢を放つので、タイミングよくカップルのお魚に合わせてくれれば感動的なシーンが撮影できます。

 




 

多言語対応:解放条件

個人的に好きなのは「Chico Cupido」という呼び方かもしれません。だから何だって話ですが、スペイン語だったか、ポルトガル語だったか忘れましたが、Chicoって子ども、少年って意味なんですね。

 

ちなみに、スペイン語で、少女は「Chica」といいます。ファイブナイトアットフレディーズFNAFというゲームにも出てきたチカちゃんは、スペイン語由来なんですね。

 

正式名称「キューピッド」

アビスリウムの日本語では、キューピットになってますが、正確には「Cupid:キューピッド」です。細かい所は気にしませんが。

 

ローマ神話の恋の神様ですので、かわいいとか言ってちゃいけない存在なのかもしれません。

 

Cupido:クピドとも呼ばれる

クピドとかアモーレとかいう言い方もあるようで、国、地域、宗教、言語によって差がありますが、大体イメージされる姿は同じです。

 

気まぐれに恋の矢を放つらしいので、まさしく恋の衝撃、なぜあの人があの人と、というお付き合いカップルが生まれてしまうのもこのキューピッドのいたずらのせいかもしれません。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA