書評「猫暮らしのゲーマーさん」1巻・2巻|まさしく猫派はかわいいというお話

マンガ・書籍書評

仕事をバリバリこなし、会社の付き合いは必要最小限にしている主人公・小桜さんは、家に直帰してゲームを満喫するゲーマーさん。そんなゲーマーがあるとき会社で出会った猫ちゃんを引き取って飼うことになり、猫の魅力にほだされていくお話。まさしく「猫派」はかわいいというお話。

 

猫暮らしのゲーマーさんのあらすじ

仕事をバリバリこなせる主人公は、仕事をガンガンこなして残業や飲みの付き合いもスルーする。会社では人付き合いが悪いと言われるも、仕事ができるし、人柄もいいので疎まれずとも遠からず。

 

そんな主人公、猫の魅力に取りつかれて、拾われた猫を飼うと決めてしまう。これが全ての始まりだった。

 

はじめて飼育する猫に癒され、振り回されつつも、猫と仲良くなっていく。はじめて猫を買い始めた頃を思い出すような不思議なお話。既に猫飼いの方には共感できる所も多いのでは?

 

ちょっと付いてきてくれるだけでも喜んじゃうあたり、主人公は生まれつき猫派だった様子。孤独を愛するものはみんな友だち、みんな猫派。

 

猫垢の主を特定しようとするのはいけにゃい。にゃんにゃん言葉を使って何が悪い!

 

猫をSNSに投稿する時にはどこが見られるかとか、特定されないように何に気をつけたら良いかが分かるのもちょっとうれしいところ。猫しか見えてないと投稿者は盲目なのね。

 

書籍・詳細情報

猫暮らしのゲーマーさん1巻

  • ISBN:978-4-09-129228-5
  • 出版社:小学館
  • 著者:灘谷航
  • 定価:630円+税

猫暮らしのゲーマーさん2巻

  • ISBN:978-4-09-129370-1
  • 出版社:小学館
  • 著者:灘谷航
  • 定価:630円+税

猫暮らしのゲーマーさん3巻

  • ISBN:978-4-09-850090-1
  • 出版社:小学館
  • 著者:灘谷航
  • 定価:630円+税

猫暮らしのゲーマーさん4巻

  • ISBN:978-4-09-850166-3
  • 出版社:小学館
  • 著者:灘谷航
  • 定価:630円+税

 

スポンサーリンク

blank