Recotte Studioへのオリジナル「3Dモデル/2D立ち絵」追加方法【高機能3D実況作成・動画編集ソフト】

Recotte Studioには元々入っている3D・2Dキャラクターがありますが、ネット上で配布されている2DPSD立ち絵や3Dモデルを追加することもできます。色々調整すればVRoid Studio/モバイルで作成したVRM、ニコニコ、BOOTHで配布されているPMXも読み込ませることができます。

スポンサーリンク

3Dモデル・2D立ち絵の追加

まずは適当に新規プロジェクトを立ち上げて、モデル選択画面を選びます。

 

上記画像では既にモデルがいくつか入っていますが、ここから矢印にある通り「ファイルを開く」から所定の3Dモデル、2D立ち絵PSDなどを選択すれば完了です。読み込み、インポートできるのは

  • 3D|VRM
  • 3D|PMX
  • 2D|RSP

の3種類です。他にも無理やりなんとかすれば読み込めるかもしれませんが、変な影がついたり、挙動がおかしかったり、エラーが出て処理落ちしたりするので、スムーズに読み込めるモデルだけ使うようにしましょう。

 

立ち絵2DモデルのPSDをRSPに変換する方法

Recotte studio、AHS系列のウェブツールなどを使って立ち絵を作成してください。

公式の使い方解説:https://www.charamin.com/store/recotte/rsp2d/howto-psd

ツールページ:https://www.charamin.com/store/recotte/rsp2d

ここで作成したRSPファイルは、ツール上できちんと動作の追加を行えばうまい感じに動いてくれます。上記の公式の解説マニュアルを熟読の上、推しの2Dモデルなどを活用してください。

スポンサーリンク

Posted by Genussmittel管理者