ルルドスタイル「EMS BELT AX-FRL905」の使用感レビュー・レポート【ダイエット数値比較】

公開情報,情報ソース

ルルドスタイル(Lourdes STYLE)の「EMS BELT AX-FRL905(EMSベルト)」を購入・使用・レビューしているレポートです。5分で自動OFFされるため使いすぎ防止ができ、低周波30Hz、中周波3000Hz、高周波10000Hzと、6段階の強さを選べます。ここでは使用感と使ってみての注意を記載しつつ、数値の変化等をまとめておきます。




使用方法について

購入、開封したらまずは充電し、「30 3000 10000」のモード選択&電源ボタンの青いランプが「消灯」したら充電完了です。

 

実際に使用する時は

  • ベルトの肌に触れる内側を付属の霧吹きを使用して少し濡らして装着
  • 電源ボタンを入れてモードを選択
  • 強度を選択
  • 5分放置

という流れで使用します。

 

開封直後、アトマイザーという霧吹きと充電用のコード、EMS BELT本体、説明書等が入っています。

 

【注意】使用時に気をつけること

以下、使用する時に絶対に気をつけないといけないことです。

強度は3以下までで使う

モードは

  • 低周波30Hz
  • 中周波3000Hz
  • 高周波10000Hz

の3つを選べますが、そのそれぞれの周波数の強度も6段階選べます。この時の強度は3より上は異常に強いので、初めて使う方は選ばない方が良いです。とても痛いです。

 

強度は下げられない

もし操作ミスで強くなってしまった場合「強度をマイナスにする操作はできない」ので電源ボタンを押して電源を切ってから再度モードと強度を選んでください。

 

マイナスって書いてあるボタンはあるのに、実際使用中、強度は下げられなくて困りました。

 

ベルトの内側の霧吹き大事

装着時にベルトの内側に霧吹きをした方が、通電というか、EMSの作用がはっきり感じられるようになります。

 

機械の部分は濡らしてはいけません。

 

個人的には、霧吹きをしなくても、霧吹きをしても特段差はないように感じました。

 

周波数と強度と痛みの感じ

周波数それぞれに対して

  • 30Hz:痛み強め&間隔が大きい|表面
  • 3000Hz:痛み弱め&小刻み間隔|中深部
  • 10000Hz:痛み弱い&小振動連続|深部

という感じで、物理的(周波数と皮膚の位置関係)な都合上、周波数30Hzよりは10000Hzの方が皮下深部まで影響があります。

 

1回20分までは守った方が良い

EMSを使用した一度のエクササイズの時間を20分(5分自動OFFを4回)までにした方が良いです。結構、使用した箇所にじんわり汗をかき、疲労感が残ります。

 

朝20分、昼20分、昼過ぎ午後20分、寝る前20分というように使用するタイミング、時間をあければ、問題ないです。

 

最初調子にのって、腹部上部分、中部分と少し場所を変えつつ、40分やりましたが、ちょっと筋肉痛みたいな感じになりました。

 

強度は弱めに

十分に圧着しても、通電してやたらピリピリする所と全くしない箇所があります。たぶんコリとか疲労度の影響かなと思います。じんわりピリピリする所に強度を合わせて痛みを感じない強度で、時間をあけて、とにかく毎日継続することを大事にしましょう。

 

ダイエットに関わる数値Before/After

使用を開始したのは2021年7月24日で、この時点で

  • 年齢32歳
  • 生活:昼夜逆転・1日1食(5年ほど継続)
  • 身長:160cm
  • 体重:69.9kg
  • 骨格筋率:39.6
  • 体脂肪率:22.5
  • 骨量:2.5kg
  • BMI:27.3
  • 基礎代謝:1489kcal

でした。2020年には60kgくらいだったので、自粛とかでお腹周りがお太りなさった感じです。

 

1ヶ月継続利用の結果

1ヶ月ほど毎日継続してEMSを行った結果

  • 身長:160cm
  • 体重:kg
  • 骨格筋率:
  • 体脂肪率:
  • 骨量:
  • BMI:
  • 基礎代謝:

準備中です。

 

副次的効果

当方、1日中デスクワークをしているため、腰の痛みやコリが気になりつつ、ケアしていました。このEMSを使用した所、少なくとも腰の凝り固まり部分がちょっと気持ちよかったです。解消されるものではないですが、ちょっと嬉しい副次作用です。

薬機法的な観点から色々言えないですが、個人的には、これはあり。

avatar

 

スポンサーリンク