家電購入前には”絶対に”サイズを測れ【一人暮らしのヒント】

一人暮らしのヒント

一人暮らしをはじめて、新しく家電を購入する時、電気ケトルくらいならばなんとでもなりますが、冷蔵庫、洗濯機などの大型の家電は、必ずメジャーで長さを計測してから購入してください。スマホのカメラで測定するメジャーではなく、実物のメジャーで測定してからサイズ合わせをして購入してください。

家電と設置場所のサイズをあわせて

決して舐めてかからず、油断せず、1cm単位も大事にして、部屋の冷蔵庫設置場所、洗濯機設置場所のサイズを測定しましょう。

 

スマホのメジャー、スマホのカメラで測定できるメジャーではなく、ダイソーの物理的なメジャーでよいので、長さを測ってください。

 

 

部屋の冷蔵庫を置くスペースをダイソーのメジャーで測定したら、そのまま同じメジャーで家電量販店の冷蔵庫も長さを測定して、冷蔵庫の方が小さければ大丈夫です。また、部屋の入口、冷蔵庫設置場所の前の空間も長さを測定してください。

 

私自身は痛い思いをしたことはないですが、

  • 玄関
  • 設置場所
  • 設置前のスペース
  • コンセント位置

などを把握しておかないと、せっかく2万円~10万円の冷蔵庫を買っても入らない、置く場所がない…、返品もできない…、なんてことになる場合があります。かなりシビアに測定してください。玄関を通せるかどうかは、冷蔵庫を持ち上げる手の幅も考慮して、余裕があるか検討しましょう。

 

洗濯機はもっと悲惨になる

冷蔵庫は、最悪なんとかなります。キッチンでなくてもスペースさえあって、コンセントに接続できればどこでも置けます。

 

洗濯機の場合は、排水ホースを付ける場所を考慮する必要があって、場所を変えることができません(不可能ではないが、だいぶ無理がある)。洗濯機を設置するスペースがプラスチックの白いのとかで覆われているような場合には、そこに備え付けるために同じくサイズが合う洗濯機を選ぶ必要があります。

 

もし入らなかったらメルカリか知人を頼る

サイズを測らずに買ってしまって、入らない、使えないという場合は、ダンボール未開封の時点であれば、まずは家電量販店に事情を相談して返品できないか確認しましょう。

 

返品できない場合は、メルカリに頼るか、知人で交換してくれる人がいないか頼りましょう。

 

メルカリに頼る場合は、送料、買い手がつくまでの時間、出品の手間などがありますが、ハードオフなどにエグいくらいに安く買い取らせるよりはマシです。

この問題は自己責任の範囲

再度になりますが、入らなくても自己責任です。家電量販店では「サイズは測定しましたか」とお伺いがあったはずですし、そう聞くように指導すらされていますので、サイズを測っていなくて入らなかった…は、自己責任が一般的です。

 

本当にちゃんと測定してから購入しましょう。

 

スポンサーリンク