グリーンハウスの施設・設備の種類と解説【スライムランチャー2】SlimeRancher2

スライムランチャー2攻略

グリーンハウス内には四角形の空き区画がいくつもあります。この空き区画には、ケージ・畑・養鶏ケージ・サイロ・焼却マシン・池があり、スライムに合わせて設置する必要があります。最初は区画が限られていますので計画的に導入しましょう。

ケージ(お金:250)

スライムを飼育するための区画。全てのスライムをこのケージ内で飼育できるが、一定のダメージを受けるとケージのシールドが壊れて、外に出てくる場合があるため、アップグレードして、ケージを強化する必要がある。

 

畑(お金:250)

スライムのエサとなる野菜、果物を栽培するための区画。1つだけ作物があれば、無限に作物を生産し続ける超優秀な栽培機。ツキツユクサのミツは栽培できない。一度の収穫でおよそ20個くらいは作物を収穫できる。

 

養鶏ケージ(お金:250)

チキンを養殖できるケージで、たいていは逃げることはないが、ケージ内にチキンが増えてくるとたまに逃げ出す子がいるのでアップグレードしたほうがよい。1作目のスライムランチャーの時よりも、チキンの成長と増産速度が早い。

 

サイロ(お金:450)

スライム以外のアイテムならば何でも保管しておける優れもの。作りすぎた農作物、プリット、天然資源などを保管しておけるのでとても便利。最大で1200個収容できるが、アップグレードが必要。

 

焼却マシン(お金:450)

いらないものを焼却するというのは建前で、主にファイヤスライムを飼育するための設備。灰を食べるファイヤスライムを育てるにはこの設備しか使えないので後半重要になる。ファイヤスライムを入れ過ぎると逃げる子が出てくる。

 

池(お金:450)

アクアスライムを飼育するための施設。グリーンハウスを拡張すると、この池がなくてもアクアスライムを飼育できる天然の水場が出てくるので、場合によってはなくてもよい。中盤一瞬必要だが、後半はいらなくなる設備。4匹以上のアクアスライムを入れるとアクアスライムの顔が赤くなり不快を示す。

 

スポンサーリンク