【2019年】Paypalビジネスアカウントの開設方法・かかる手数料と登録過程のメモ

個人日記

ここでは、WoocommerceをWordpressに導入して、Paypal StandardやPaypal Checkout決済を導入するためにPaypalビジネスアカウントを作る必要があったので、開設方法を残しておきました。開設費用や初期費用はあまりかからないようですが、取引ごとに手数料がかかる仕組みでした。それほど導入に負担はないでしょう。

運転免許証など本人確認書類をPCまたはスマホに取り込んでおくと便利です。

avatar

Paypalビジネスアカウントはどんなもの?

まずは調べてみました。売上も上がっていないのにコストがかかるなんて…、と不安に思う方もいるかと思いますが、Paypal導入でお金はかかりませんでした。

 

いくつかのステップで支払いを受け取るためのPaypalビジネスアカウントを作ります。

 

アカウント開設費用、初期費用、月額手数料などは基本かからず、売上を口座に引き出す時、または、売上が上がってから手数料がいくらか差し引かれる感じでした。電子取引では特に便利かなと思います。

 

決済手数料について

基本的な決済手数料は、上記画像のような感じです。2.9%+40円かかると思っていれば良さそうですね。

 

少額決済(国内取引2357円以下)の場合は、手数料「5%+7円」とのことなので、満額2357円売り上げたとしても

2357円 × 0.05 = 117.85円

117.85円 + 7円 = 124.85円

ということで、ジュース一本くらいの手数料になるだけです。これを考慮して価格決定して、送料も込みにしておくと良さそうですね。




Paypalビジネスアカウント開設を始めます

今回はビジネスアカウントを新規登録する(既存のアカウントがあるのでアップグレード)ことになります。

 

事業情報(事業形態)を選びます。

 

既にアカウントは持っていたので、ビジネスアカウントへのアップグレードにしました。

「現在のアカウントをビジネスアカウントへアップグレードする」個人の取引と事業の取引を一緒に管理する。ログインに使用しているのと同じメールアドレスを使用してください。

を選びました。

 

郵便番号を入力してから、住所や電話番号など、もともとPaypalに登録している情報と同じ情報を入力していきました。

 

事業情報として、一番近いものをキーワードで入力し、自身のウェブサイトURLを入力。会社、事業の設立日と事業者名(11文字以内だった気がする)を入力します。

 

Paypalアカウントのアップグレードなので、メアドと銀行口座は既にあります。本人確認はしてあったのですが、再度本人確認が必要になるようです。

 

今回は案の定、私が夜型で銀行振替なんて面倒でできないので「アカウントから本人確認書類をアップロードする」を選びました。運転免許証を画像JPGまたはPNGで送信すればOKでした。




本人確認手続きの入力内容

順番に情報を入力しましょう。

 

運転免許証を選んで、スキャンしてある運転免許証画像をドラッグ&ドロップします。

 

使用目的を選びます。国内からの支払い受け取りとしました。海外から支払われちゃうことももしかしたらあるのかも…ですが、今回は日本語のものしか扱わないので国内だけで良いでしょう。

 

手続きは完了です

書類審査が行われるそうです。最後に暗証番号か何かが書留郵便で届くそうなので、その番号を入力したら完了です。AdsenseのPINコードと似たようなものですね。

 

手間はかかりましたが、困難な手続きはありませんでした。

avatar

スポンサーリンク