【自閉症児の癒やしにも】Yogiboがちびっこの落ち着きを取り戻してくれる理由

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

アメリカ発の人をダメにするソファーで知られる「Yogibo」は自閉症児やADHDに悩む児童の落ち着きを取り戻して、心を平穏に近づけてくれることも知られています。振り回したり、体当たりしたり、大暴れしたりするときでもYogiboならその子の癒しになってくれるはずです。全身を包み込むようなYogiboは子どもに精神的な平穏をもたらしてくれます。

 

 

体へのフィット感が安心する

Yogiboはとにかく体にぴったりフィットするので、その密着感が人肌に触れているような感覚になれます。暖かくて、ふわふわしてるのでお母さんのそばにいるような感じになります。お布団なんか少しかけてあげれば、貝になる時にも最適な環境ができます。自分だけの空間、一人だけの空間をより快適にしてくれるのがYogiboです。

 

 

本能的な快適さがいいみたい

Yogiboに私自身座ってきましたが、腰の湾曲や体の各部の関節が自然な状態で座っていられます。パソコンチェアでもソファーでも完全な脱力はできないですが、YogiboMidiなんかだと、完全に体の関節も全体も包んでくれるので、脱力感が本能的にお母さんの羊水の中、お腹の中にいた頃を思い出させます。注意力不足の人もおすすめ。

 

 

 

注意力がなくても過ごしやすい

Yogiboに座って作業したり、本を読んだりするときには姿勢のことを気にしなくて済みます。ヘッドホンする場合でもコードが引っかかることはないので、その点の注意もいらないです。また、座る姿勢でいると言うだけでも大変な子どももいますが、Yogiboは意識しなくても自然に座る姿勢を作ってくれるので、日頃を使いまくりの脳を休めながら座っていられます。

 

こうした事情が重なって自閉症児やADHDの子どもでも落ち着きを取り戻してくれます。思春期の子どもがいる家庭では特に、このYogiboのお母さんのお腹の中にいる感が、とても良いと思います。包まれるような癒やし、自分だけの時間、リフレッシュや癒やしの時間と価格相応の価値がYogiboにあります。

 

 

ずっと座っていたくなるソファー

Yogiboは「人をダメにするソファー」ともいわれていますが、実際は逆で、人がずっと座っていたくなるソファーです。キャッチコピーの威力としては前者の「人をダメにするソファー」というのは理解できますが、決してだめになっているのではなく、心を自然に、体をすっきりさせているだけです。日本人、疲れすぎなんよ。

 

 

 

頑丈さも選ばれる理由

Yogiboが会社のリフレッシュルームや学習塾、多くの人に選ばれるのは、これがやたら頑丈で壊れにくく、壊れても回復しやすいリペアセットがあるからです。汚れても、ぶん投げられても、ジャンプで飛び込まれても耐えるYogiboは子どものおもちゃにも最適です。

 

 

こういうYogiboのおもちゃも税抜き2980円で売っているので、まさしくおもちゃにぴったりです。全部揃えなくてもいいですが、あればあったで思春期や反抗期のストレスを少しでも癒やしてくれるはずです。想像以上にこのねこちゃん、頑丈です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です