アビスリウム「ヘルパーラッコ」の効果|課金動物買って試してみた【検証】

2019年6月10日アビスリウム

アビスリウムでワカメなどの資源を1日5回分けてくれるヘルパーラッコを購入して、どの程度素材を入手できるのか試しました。ワカメは50~80個、貝は20~60個、ウニは15個、カニは10個、クリルは5~10個入手できます。(※アプデでくれる量が増えてます。)吹き出しが24時間に5回(夜中0時更新)出るので、毎日ログインできる方はほんのちょっとお得です。




ヘルパーラッコ|建築&合成魚素材に

課金動物の中でも、特別なスキルを持っているヘルパーラッコちゃん。1200円と他の課金動物と同じですが、毎日0時になると一定数の建築素材をランダムでくれます。

 

0時リセットで、吹き出し5個分、ランダムで素材をくれるよ♪

avatar

 

課金理由:農場素材が足りなくなった

イースターイベントで登場した「生まれたばかりのひよこ」を1匹合成するのににワカメが200個も必要で詰んだので、24時間農場自動回収120円の課金と合わせて活用しました。

 

ワカメだけたくさん欲しいんだったら24時間自動回収の方が短期間のコスパは良いです。自動回収は24時間でワカメ1440個入手できます。

 

課金理由:ちょっとかわいかった

基本的にいつも困った顔をしています。何に困っているのかわからないけれど、パフィンに比べるとずっと泳いでいてくれるのですごく親近感がわきます。

 

農場素材もくれるので、らっこも群泳させてみようかなと、余っていた残金を投資しました。

 

ヘルパーラッコは1匹しか呼べない

ヘルパーラッコは素材をくれるというスキルが有るためか、1匹しか呼べませんでした。まぁ、そうだよね…。

 

ラッコだから貝が好きなのかなと思って、貝農場と一緒に撮影しても困り顔。

 

カニと一緒に撮影してみても困り顔で。とりあえず貝は離さない。




ヘルパーラッコがくれる素材数

ヘルパーラッコが1日にくれる素材の数は次のとおりです。

 

  • ワカメは50個
  • 貝は20個
  • ウニは15個
  • カニは10個
  • クリルは5個

 

コスパが良いのか、悪いのかちょっと計算してみました。以下、途中計算のメモ。

 

ヘルパーラッコ1200円と同じ金額の24時間自動回収(120円10回分)で入手できるワカメの量は14400個です。

ヘルパーラッコは買い切りで一生毎日5個吹き出しを出してくれる。ワカメを必ず1回は出すとする。

1日50個のワカメを回収できるとして、24時間自動回収と同じ14400個のワカメを集めるには14400個÷50個=288日かかることになります。

ヘルパーラッコからまんべんなく他の素材も入手できるとした場合、288日間で入手できる素材の量は以下のとおりです。

  • ワカメ:14400個
  • 貝:5760個
  • ウニ:4320個
  • カニ:2880個
  • クリル:1440個

 

24時間自動回収を10回使った場合に入手できる素材の量は以下の通りです。

  • ワカメ:14400個
  • 貝:2400個
  • ウニ:1200個
  • カニ:800個
  • クリル:480個

24時間自動回収をしたとしても、クリルに関しては5時間で10個、1日24時間かけても48個しかゲットできないので物理的に無理があります。

 

長期的に見るとヘルパーラッコが良い

金額ベースで、ワカメを同じ量作ると考えた場合、他のクリルやカニが同じように入手できるとすると、ヘルパーラッコは長期的に見て3倍から4倍くらいお得です。

 

余裕があるならヘルパーラッコにも課金してしまって良いと思います♪

 




スポンサーリンク