【2021年】超大型風力タービンの作り方|アストロニーア攻略【Astroneer】最新版

超大型風力タービンを作るには、鉄1個、グラフェン1個、セラミック1個(粘土)、アルミニウム合金1個が必要です。銅が足りない場合は「断片」1個とくじゃく石1個を、プラットフォームを交換する装置で交換できます。グラフェンの作り方はこちらから。




超大型風力タービンの作り方

超大型風力タービンを作るのに必要なのは

  • 鉄1個
  • グラフェン1個
  • セラミック1個
  • アルミニウム合金1個

です。だいぶコストが高いですが、中盤には制作できるかと思います。発電量も設置規模もでかいです。セラミックは粘土を溶解炉で精製すれば手に入ります。

 

超大型風力タービンは大型プリンターが必要

超大型風力タービンの製造には、一番大きいプリンターを使用します。

 

途中の製造風景はこんな感じで、かなりでかい上に、他の星に持っていくよりは、現地で製造したほうがコスパが良いです。

 

完成した状態はこんな感じで、超大型シュレッダー?と同じように一番大きい箱でした。

 

超大型風力タービンの設置と注意点

超大型風力タービンを設置した様子はこちら。地面にそのまま置いて使用するものです。

 

底面はこんな感じで、設備を載せるプラットフォーム上には載せられません。地面に直起きするタイプです。地面よりも高いところの風を拾えるようになるので、設備が密集している場所でも頑張ってくれそうです。

 

Astroneer公式サイト:https://astroneer.space/

スポンサーリンク