【Banggood】ZerodateX300GYの添付ソフトと設定方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

マウス探しの沼から抜け出すのを助けてくれたZerodateX300GYを購入した時についてきた小さなディスクを導入、添付ソフトをウイルスバスターのツールでチェックして安全であることを確かめました。Windows10(64bit)ではキー割り当てがうまくいかないですが、それ以外の設定はうまくいきました。

 

 

 

ここから購入できます(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

添付ソフトは安全でした

ディスクを挿入するとこんな感じになりました。セットアップファイルと構成設定のファイルがあります。

 

 

Desktop.iniはセキュリティスキャンで問題なし。

 

 

キー割り当てに使うインストールソフトの方も問題なしでした。

 

 

設定したのはこんな感じ

この画面でキー割り当てを選んで保存したのですが、どうやら反映されていない。なんとかならないかなぁ。

 

追記:しばらく使って判明したのですが、このKey4とKey5の設定全く逆です!Key5にコピーの(Ctrl+C)を設定し、Key4に貼り付けの(Ctrl+V)を割り当てたらちゃんと動いてくれました。なんやねん!

 

結局付属のソフトでは設定できなかったので「HUT」というフリーソフトでちまちま設定しています。パソコン起動するたびに設定しないといけないので面倒ですが、このHUTというフリーソフトで割当できました。奮闘記事はこちら

 

 

 

 

マクロ設定はしないですが、一定の操作を覚えさせられるみたいです。

 

 

処理の速さ、DPI設定、マウスの動く速度、ダブルクリックの速度はちゃんと設定できました。私の場合はチェックボックスを外して12くらいの速度が一番便利でした。

 

 

LEDの光の加減はあんまりいじれる感じではないです。全然気にならないのですが、できればずっと青か紫で光っていてくれると嬉しいなと思います。

 

 

もしこのブログの情報が役に立ったと思ったら「はてブ・Twitter・Facebook」などで気軽にシェアしてください!

 

 

こちらブログサークルへのリンクです。
ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新デース
ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です