キャンディ金魚(Multilingual)|2019年アビスリウムバレンタイン

2019年2月2日アビスリウム

キャンディ金魚は、15分毎に視聴できるキャンディがもらえる広告を合計15回視聴すると開放されます。公式のヒントだと、キャンディがいっぱい貰えるのは何か、というヒントでしたが、ブーケザリガニのレベルを上げても開放されず、広告視聴回数が解放条件でした。5時間ぐらい確実にかかる解放条件です。

 

 

キャンディ金魚の解放条件

最初の隠し魚で、この子が開放されないと次のお魚が開放されないという大切な子です。

 

バラのもらえる広告を15回見ればクリアです。翻訳がちょい微妙な感じですが、まぁ、伝わるかな、と。

 

きっと群泳させたら、これはこれでとってもきれいだと思います。

 




 

全言語対応:キャンディ金魚

アビスリウムは、韓国語、中国語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語などにも対応しています。必要であれば、参考にして見て下さい。

 




 

キャンディ金魚のモデルは?

金魚は、フナという川魚が品種改良されたもので、アビスリウムバレンタイン2019のキャンディ金魚のモデルはおそらく「琉金」という種類でしょう。しっぽがひらひらしてて、しっぽが3つに分かれているので、たぶん「琉金」です。

 

琉金にも更科琉金やだるまなど、体の色と体の丸っこさで名前が異なりますが、アビスリウムで登場したのは、キャンディをまとっている金魚です。きっと舐めたら甘いと思いますが、だいぶ硬いと思います。

 

スポンサーリンク