【ダイソー】アウトドア・コーヒーカップセットを買ってみた【割と便利】

公開情報,山梨,情報ソース

ダイソーに売っていたアウトドア・コーヒーカップセット(ミル付き)1,000円を入手しました。ミルも一応つけてくれているので便利ですが、アウトドアに行くときは事前に豆は粉にして持っていくんじゃないかなとも思いつつ、何よりカップとフィルターがセットになっててコンパクトなのがありがたいと思いました。

アウトドア・コーヒーカップセット開封

ひとまず税込1,100円です。

 

で、開封したのがこちらです。この状態でそのまま梱包されて入っております。プラスチック素材で、耐熱性とかはあまり期待しないほうが良いです。

 

カップとミルとフィルターに分離

左からフィルター、ミル、カップとセットになっていて、カップは2つあります。

 

ミル部分の紹介と注意

ミルの持ちて部分は割としっかりしてて、コンパクトに収納できます。カップの上にフィルターを設置、その上にミルを付けて削れるので、しっかり握って削れます。

 

ミルは一応挽き加減調整できます。

 

調整しようと思って緩めたら、なんかちょっとクセがあるみたいで、バネの強さの関係で微調整がちょっときつかったです。

 

何も考えずに緩め続けると外れますが、壊れたわけではなく、外れただけです。ネジでもとに戻せますのでご安心ください。

 

バネで結構浮くので、これを抑えながら、なんとかネジを締めれば少し挽き具合を調整できます。面倒な方は最初の状態のままにするか、少し緩めるだけにした方がいいかも。

 

外れちゃった場合は、バネのところを押し込んでなんやかんやするとこんな感じにネジのところ出てくるので、持ちての部分をつけ直しましょう。

 

ついでに微調整すればOKです。この猫耳みたいな所は調製するネジではないと思った方がいいかも。

ミルの持ち手の収納

ミルの持ち手部分は折りたたんで収納できます。上の画像は間違い例です。このたたみ方だと入らないです。

 

正解のたたみ方はこちらです。上手にたたみましょう。

 

フィルターとミルの重ね方

フィルターの上にミルを載せます。

 

画像のような状態に組み合わさっていればOKです。粉の量は入れすぎないように。上から順に

  1. ミル
  2. フィルター
  3. カップ

という順番で重ねておけばOKです。

 

抽出の仕方

上の画像のように、カップの上にピロンと羽が左右に出ているのがフィルター部分です。カップの上に載せられるようになるピロンとした羽は内側に折りたたんでカップに収納できる感じになります。

 

フィルター部分とミルを重ねられるので、粉を削ったあと、上の画像のようにカップの上にフィルターを置いて、あとは適量のお湯を注げば、珈琲を抽出できます。

 

このピロンとした羽の部分、若干はまらなくて、斜めになります。当たり外れがあるのかもですが、ピッタリ、ハマらなくても安定はしてるので大丈夫です。

コスパ的には微妙かも

ぶっちゃけると、これなら確かにおしゃれだし、なんかコンパクトでいいんですが、ポイントは

ミルを使うかどうか

です。

 

カップ1個とフィルターとペーパードリップ用の紙を買えば300円でとりあえずカバーできます。粉を挽きたいだけなら、専用のミルを500円のとかを買えばいいので、これである必要はないです。

 

そこまでしてアウトドアでコーヒー豆の焙煎から抽出までしたい程にこだわる方なら、このアイテムは必要ないです。お気に入りのカップ、お気に入りのミルとフィルターを入れて、焙煎網やガスコンロも使い慣れたものを持っていって、楽しみましょう。焙煎したての珈琲豆で淹れる珈琲はちょっと苦いかも。焙煎後数日置いた豆のほうがおいしいかもですよ。

 

そこまでして現地で珈琲を入れなくても、プチ登山とか日帰りキャンプとか、ちょっとしたアウトドアするのであれば、家でホットコーヒー入れて、保温できるタンブラーに入れて持っていって、現地でお気に入りのカップに注いで景色眺めながら飲めばいいと思います。

 

スポンサーリンク