花粉症対策には食生活改善&デトックスとツボ押しがおすすめ

花粉症は春、秋共に私たちを苦しめるようになりましたが、実は食生活が大きく影響しているというのはあまり知られていません。花粉症の原因は人体の免疫反応の誤作動のようなものですので、体内にある余計な老廃物や添加物を排除すると基本的には正常な免疫反応をする、つまり、花粉症が軽くなります。

 

 

我が花粉症・アレルギーは春秋のみ

主に季節の変わり目にアレルギーがやってきます。アレルギー検査ではブタクサとハウスダストが出ています。

 

花粉症と言うよりは、自分で掃除してなくてくしゃみと鼻水が出る感じです。そんな私がアレルギーで困った時にやっていることをまとめました。

 

引きこもりでもできる?食事からのアレルギーに負けない体作りです。

 

 

ねばねば食材でデトックス

納豆・オクラ・山芋・海藻類はねばねば食材として血液サラサラをサポートしてくれます。ネギの緑色の葉っぱに包まれている粘性のある部分もねばねば食材として納豆などにそのまま混ぜて食べればちょうど良いデトックスになります。

 

これらが苦手な方もいるかもしれませんが、血液内の老廃物の運搬を促進してくれるのでデトックスを助けてくれます。栄養バランスも良いので花粉症が起こる季節になる前に日常食にしておくとよいでしょう。

 

あと、かなり効果的なのが長ネギを食べることです。長ネギを毎日食べているとだいたいのアレルギーには困らなくなります。

 

 

青魚と牡蠣で血液をサポート

青魚だけでなく多くの魚介類に含まれているDHA、EPAは血液の機能を高めてくれて、循環系の働きをサポートしてくれます。牡蠣に多く含まれる亜鉛なども男女ともに必要な栄養素なので定期的に摂取しておくと健康をサポートしてくれます。魚介類のお味噌汁にネギを入れるのもアリですね。

 

 

アレルギー・花粉症は軽減できる

 

花粉症は食生活をしっかり気を付けていれば軽減できます。代謝を高めて、血液の運搬力を高めていれば全身健康になれます。冬の前からこの食事を気を付けているとしもやけになりにくくなり、冷え性もある程度軽くできます。

 

アレルギー・花粉症が増えてきたと感じる方は、おそらく

 

  • 忙しくて掃除してない
  • コンビニ弁当ばかり食べてる
  • 添加物いっぱいの食生活
  • お布団をしばらく干してない

 

ですよね。コンビニのお茶、ペットボトルのお茶にも添加物・保存料がっつり入っております。今一度自身の生活を見直して、悪い習慣をできるだけなくしましょう。また、その手の添加物、添加物の話か、とうんざりするかもしれませんが、本当に関係ありますよ。ペットボトルのお茶をやめて、自分で急須で入れるお茶に変えて生活したり、食材を自分で調理するようにしてるとはっきり体調変わってきます。

 

 

手のツボ押しが効く

 

くしゃみや鼻水などの症状を軽減させてくれるといわれるのが「合谷」という人差し指と親指の根元にあるツボです。眠気を覚ましてくれることも有名で、ひとまずここを押しておけばなんでもよくなる気がしますね。

 

 

目の周りをマッサージ

 

頬のマッサージ、目の周りをマッサージも効果的です。

「魚腰」

「太陽」

「清明」

「承泣」

というツボに加えて、鼻の真横にある

 

「迎香」

「上迎香」

 

も花粉症に効くといわれているツボです。主にお風呂でツボ押しするとよいらしいので、入浴中にじっくりとツボ押ししてみてください。フェイシャルマッサージがてら目のマッサージをすれば花粉症・アレルギーも軽くできそうですね。

 

 

結局は掃除が一番

辛いアレルギーは、部屋掃除するだけでなんとかなることが多いです。あなたの想像以上に部屋の中にはホコリがありますので、週に1回は家中換気して空気の入れ替えをするのもありです。もちろん、花粉がないときはね。