【Planet Zoo】教育評価を改善する5つの方法【攻略】

Planet Zoo

Planet Zoo(プラネットズー)にて、来園者には教育評価というものがあります。この教育評価を高めるには約5つの手段があります。全てを駆使して、ムダなく、適度に教育評価も高められるようにしましょう。寄付の金額や来園者数、動物園の総合評価に若干の影響があります。

教育評価を改善する5つの方法

教育評価には5つの項目があります。

  • 保護ボード
  • 教育ボード
  • 教育用スピーカー
  • 音声ガイド
  • トーク

の5つです。これらのうち、どれも適度に活用すると教育評価は上がっていきます。

それぞれの教育評価の項目は上の画像のとおりです。

 

教育ボードと教育スピーカー

教育ボードと教育スピーカーはこのセットです。飼育エリアを作って、動物を入れたら、寄付ボックスと一緒に設置しておく設備です。

 

保護ボード

保護ボードというのは、飼育エリアではない所に建てておける「ミツバチ」とか「密猟」とかについての内容が掲示される看板のことです。

 

飲食エリア、ベンチのそば、行列ができる場所に設置すると効果が高いです。

 

音声ガイド

音声ガイドは、施設、インフォメーションセンターにて販売されています。インフォメーションセンターでは

  • 音声ガイド

などが売られているので、地味に設置していないとお客さんから文句が出る施設です。

 

音声ガイドの価格などを設定して、たくさん利用されるようにすると、音声ガイドによる教育評価が上がりやすいです。そんなに高く設定しても利益にならないものなので、逆に安くして提供し、教育評価上げに生かしたほうが賢いかなと思います。

 

指導員とトーク

指導員のトークポイントは設置しなくても、指導員さえいればなんかいい感じに指導員が遊撃してくれますが、トークポイントを設置しておくと、その場所で指導員が動物のことを話してくれて、トークによる教育評価が上がります。


これらの教育要素をちまちまと重ねていくと動物園の教育評価が上がって、来園者数も増えやすくなります。当然、寄付による収益も増えやすくなるので、後半で良いですが、しっかり取り組んでおきましょう。

 

スポンサーリンク