Recotte Studioの基本の使い方【高機能3D実況作成・動画編集ソフト】

音声合成ソフト

Recotte Studioを使う時の起動、音声追加、出力までの一般的な一連の流れをシンプルに解説します。実際には細かなエフェクト、オブジェクト設定をすると良いですが、ここでは簡単に、流れだけ説明します。詳細は別途、動画でご確認ください。

Recotte Studioの基本の使い方

まずは、Recotte Studioのソフトを起動してください。そうすると、

  • 空のプロジェクト
  • 実況動画
  • 掛け合い実況動画
  • biimシステム

の4つがあるので、このうち希望にあるものを選んで「新規作成」を選んでください。今回は「実況動画」を選んで、ついでに縦長動画を作る要領で作業してみます。

 

動画プロジェクトの準備

新規作成を選ぶと、上記画面のように初期の設定を色々といじれる状態になります。ここでは画面サイズを「モバイル向け フルHD」として…

 

プロジェクト名を分かりやすいものに設定します。

 

動画のサイズはフルHD、1080pでなくても色々指定できます。

 

動画背景の色合いも自由に設定できます。フェードアウト、フェードインの時に影響する部分です。あとから変更することもできます。色パレットから色を選べばよいだけです。

 

背景に動画を置いて実況動画にしたい場合には、既に動画ファイルがあるならば、最初に読み込んでしまっても良いでしょう。

 

実況させたいキャラクターが決まっている方は、この段階でモデルを選んでください。モデルを別途追加したい場合は「ファイルを開く」からVOICEVOXの立ち絵、3Dモデルなどを読み込んで使ってください。

 

連携音声は複数ありますが、API連携は同時にCeVIOが立ち上がってしまいますので、VOICEVOXを使う場合は

  • CeVIO AI(アプリ連携)
  • CeVIO(アプリ連携)
  • VOICEROID

のどれかを選んでおくと良いです。VOICEVOXで出力した音声は、あとで、個別に音声ファイルを直接指定して導入させます。

 

新規作成が終わると、キャラクターがプレビュー画面に表示されます。プレビューの「3Dカメラ編集」から、マウスの左右クリック、スクロールのズームイン・ズームアウトで立たせる場所を調整してください。

 

音声合成と動画への連携

次は動画に声をのせていきます。今回は「つくよみちゃん」を選んでいるので、COEIROINK(VOICEVOXとほぼ同じ)を起動します。

 

音声を作成、出力し、保存します。

 

次は「話者」タイムラインで、しゃべらせた音声の「テキスト」をコピペで入れます。COEIROINKで出力されているテキストファイルの文字をコピーするか、COEIROINKそのものから文字列をコピペすればOKです。

 

画面のように、声を入れたい場所を選んで「吹き出しマーク」をクリック、ここにテキストを入力します。あとは、VOICEVOXの音声連携方法と同じです。

 

入力した文字の「オブジェクト設定」から「ファイル」より、音声の読み込みを行います。

 

ここから出力した音声、入力した文字列、同じものを選んで割り当ててやればOKです。

 

これで、COEIROINK・VOICEVOX等の音声の連携が完了です。あとは、これを繰り返します。

 

動画の出力

動画を出力する場合は、メニューバーの「ファイル」から「動画を出力」を選びます。

 

設定項目や数値を変更する場合は変更しますが、ほとんどの場合は変更しなくて大丈夫です。

 

保存先を選択して「動画を出力」して完了です。

 

おわりに

これでおおまかな作業の流れは以上です。あとは、細かな編集や、工夫・試行錯誤の連続です。がんばってください。

 

詳細な工夫や小技は別途記事、動画にまとめます。

スポンサーリンク