Tangiの動画投稿のやり方【投稿画面の操作方法】ムービーのアップロード

Tangi Japan

Tangiに動画をアップロードする時の操作方法、設定必須項目を解説してます。入力、選択していないと投稿できない項目があるので注意しましょう。Inshotから投稿できるため、Inshotアプリも同時に利用すれば、編集したら即動画投稿できます。




Tangiへの動画アップロード方法

Tangiアプリを起動したら「ホーム」または、自分のプロフィールタブから「ビデオ+」のマークをタップします。

 

一番上の枠は「動画アップロード&アイキャッチ画像を設定するスペース」です。フォロワーが100人未満の場合は、60秒の動画までをアップロード、フォロワーが200人以上の場合は120秒(2分)までの動画をアップロードできます。

 

入力必須項目は6つ

入力必須項目は、赤い枠で囲った所で

  • 動画
  • アイキャッチ画像
  • カテゴリ(Category)
  • タイトル(Title)
  • 公開ステータス(Public Status)
  • 同意事項(Submit)

の6つです。基本的に日本人はいないので英語で書いておきましょう。特にタイトルは英語で、説明には日本語を含んでいても良いと思います。カテゴリーは選択式です。適したカテゴリがなかったらDIY(Do It Yourself=自分でやってねって意味なので|木工作とか多いけど)にしておけば良いと思います。

 

入力してもしなくてもいい項目

青枠にある

  • 説明(Description)
  • タグ(Keywords)

は入れてあればTangiアプリ内検索でヒットしやすくなります。入力していなくても良いですが、基本的に入力しておくものと考えましょう。Keywordsは特に大事ですが、継続して投稿してると開発者のCoco maoさんが見つけてくれて少し拡散してくれるかもしれません。

 

動画視聴がメインのTangiアプリでは、Descriptionはそんなに見られてないですが、あればなにかの役には立つでしょう。事前に文章を考えておくと良いかも。面倒ならなしでもOK。

 

Exclusiveはどうする?

Tangi向けの動画で、YouTubeにも、Tiktokにもアップしない「Tangiだけのコンテンツ」とアピールしたい場合に「Exclusive」を選びましょう。

 

ただ、Exclusiveにしたからといって、他の動画SNSでシェアしちゃいけないわけではない上に、確認する方法もないので基本的に「Exclusive」にしておいた方が目立ちます。

 

また、Tangi向けに作った動画って他のSNSで配信しにくいので、シェアしないかもです。




特集にしたければ投稿後に「★」マークを

個人のプロフィールページで「特集」というタグを付けると、その動画が、投稿日時に関係なくプロフィールページの上の方にでてきて見られやすくなります。

 

同時に2つまでは特集にできるので、これは特に見てほしい!という動画があれば、動画アップロード&公開後に動画アップローダー(ビデオ+)から過去の動画の一覧にある星マークを選んで「特集」に設定しましょう。

 

スポンサーリンク