Twitter広告の「ターゲティング」とは?使い方解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

Twitter広告を設定する時の「ターゲティング」とは、ユーザーの性別、年齢、興味関心、キーワード、居住地域、行動などを定めるのに使います。絞り込んだターゲット層に対して広告を表示することができ、1000万から2億という規模のユーザーに広告を表示させられます。

 

 

広告を表示する相手を絞り込む

ターゲティングは、広告を表示する人を絞り込むためのものです。TwitterでもGoogleでも特定のキーワードで検索をしてくる人、特定の行動をしている人に最適なアプローチをしないと、ビジネス、サービスの認知度は上がらず、収益化も難しくなります。

 

特にスタートアップのウェブサービス、ベンチャーの新規事業、ブログなどを成功させるには、認知度向上、ブランディングが欠かせませんので、このターゲティングが非常に大切になります。

 

サービスに応じた属性を選ぶ

あなたの紹介したいサービスが、ゲーム関係のiPhoneアプリならば、iPhoneユーザーで、かつ、ゲームに興味がある人に絞って広告を表示しないと意味がありません。わんこを育てるゲームを紹介する場合は、犬好き、ゲーム好き、育成ゲーム好きの人をキーワードなどから絞り込んで広告を表示することになります。

 

下着や化粧品の紹介をする場合は、男性を除外して女性のアカウントのみに広告を表示する必要があります。逆に、男性が好きそうなガジェット、車、バイクなどの情報は男性に絞って広告を出したほうが効果は大きくなります。こうした効果の大きい広告表示をするために、ターゲティングが必要になります。

 

 

ターゲティングの設定方法

1.年齢と性別を指定

あなたがアプローチしたい年齢層、性別を選びます。年齢層はかなり細かく選べますので、じっくりターゲットを研究して絞り込みましょう。こういう時に政府広報、白書などが役立ちます。マーケティングのデータ分析などがこういう時に役立ちます。

 

 

2.地域と言語を指定

広告を表示する地域、広告を表示する人の使用している言語でも絞り込めます。例えば、アメリカでも英語を使用している人、中国語を使用している人を区別できると言った感覚です。日本の場合はそのままで良いでしょう。

 

 

3.オーディエンスの機能を選ぶ

ブロガーの方、初めての方はオーディエンスの機能を使用して「キーワード」から絞り込めばよいかと思います。キーワードをあなたのサービスやブログと関係が深いものにし、Twitter広告を表示する人を絞り込めます。他の設定は難しい、よくわからないと思いますので、最初は気にしなくてOKです。

 

 

この画像にあるような「おすすめ」を一時的にONにするとおすすめのキーワードを厳選して、候補を上げてくれます。キーワードが思いつかない、ヒントが欲しい方は、この機能も参考にしましょう。おすすめはONのままで出稿してもOKです。

 

 

4.ツイートの種類を選ぶ

ツイートの種類はひとまずオーガニックツイートのまま「People who saw your tweets」のままで良いでしょう。あなたのフォロワーだけにプロモーションを出すこともできますので、フォロワーの属性がつかめているアカウント、FF関係になっている場合は、ここの追加オプションをONにしましょう。

 

 

ターゲットを理解しよう

Twitter広告のターゲティングを設定する時は、そのサービスに対してどんなターゲットがいるか把握していないといけません。

 

例えば、「自家焙煎コーヒー」を宣伝する場合

 

性別:男女

年齢層:25歳から54歳

【キーワード】

ホットコーヒー・コーヒー豆・コーヒーメーカー

 

といった方向からアプローチするのが良いでしょう。これで完璧ではないですが。

 

この時、キーワードにスタバ、タリーズ、インスタントコーヒーを入れてしまうと目的違いのコーヒー好きにつながってしまうので、広告が無駄にクリックされてしまう可能性があります。ユーザーはインスタントコーヒーかと思ってクリックしたら、実際はレギュラーコーヒーだったとなると広告出稿のミスで、あなたもユーザーもアンハッピーになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください