#7 一般ライティングやクラウドソーシングでの基本【ウェブライター養成講座】

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

説明文が基本

一般ライティングというのは、げん玉クラウドやSagoooワークス、クラウドワークス、Lancers、Shinobiライティングなどで求められている執筆レベルのことです。指定されたキーワードについて、指定された切り口で執筆する事が多く、キーワードを説明できれば良いので、インターネットで調べながら自分の言葉で説明できる方であれば、誰でも簡単にかける文章です。もちろん守らないといけないルールがいくつかありますが、です・ます調や「種類・方法・メリット・デメリット・注意点」といった複数の切り口に分けていけば良いだけなので比較的簡単です。

 

 

公序良俗とは?

社会の一般的秩序と道徳的観念のことを公序良俗と言います。執筆する時に「公序良俗に反しない」内容で執筆するように言われることがありますが、文章中に入れる例文の例えの内容が「殺人・窃盗・姦淫」など反社会的な行為を例にするような場合はその記事は非承認になります。また、人を蔑んで書かれているものや差別表現が含まれているものも非承認です。他人に喧嘩を売るような表現や、人種差別、性別差別をしている文章も当然ダメです。

 

キーワードに対する否定的なだけの文章も、この「公序良俗に反する」という理由で非承認になります。

 

※一般ライティングではアダルト記事、風俗記事が依頼されることはありませんが、時には官能小説的な表現やアダルトコンテンツ向けの記事を書かないといけないこともあります。こういう場合には、SEOライティングと同じような文字単価で書くことになるので、ここでは割愛。

 

 

訴求する文章を書く

キーワードを説明するための文章にするだけでなく、テーマに沿って読み手が最後に納得できる、または、疑問を解決できるような文章にする必要があります。記事を読んだあとに、読者がスッキリするような終わり方をするのが理想です。せめて、読み終わって満足してくれるような文にできていれば承認されるので「種類・方法・注意点」などのテーマで書く時は、ちょっとした論文を書くような感覚で執筆しましょう。

 

アフィリエイトサイト向けに書くような場合は、記事を読んだあとに商品&サービスリンクをクリックしてもらえるように文章を締める事になります。通常、結論やまとめと言われますが、一部のコンサルタントは「クロージング」とかっこつけて表現することもあります。最後の文章でコンテンツを締めて、商品を利用しよう、商品を購入しようと思ってもらえるような文章のことを「訴求できるような記事」と言います。

 

クライアント向け:訴求する文章、文章の締めとなるまとめ文は一般ライティングの範囲外です。SEOライティングの費用で執筆してもらわないと商品が売れません。この締めの文章は自分で書くか、お金をちゃんと支払ってプロに任せましょう。いちばん大事な部分を外注していると制約にはつながりません。くれぐれもビジネスモラルを下げて仕事しないように。

 

 

よくある執筆文字数

一般ライティングでよくある文字数は300文字、400文字、600文字、1000文字です。たいていこの文字数以上執筆してくださいとクラウドソーシングで依頼されているはずです。この文字数は、いわゆるコンテンツとして入れ込むのにちょうどよい文字数ということと、ある程度の多めの文字数を指示することでコンテンツの中身が増えることをクライアントが期待しています。

 

執筆する文字数が多くなるほど、執筆者自身でテーマや段落を区切って執筆していく必要があります。文字数が800文字や1000文字以上に指定されている場合、ひとつのキーワードに対して、どこまで掘り下げて説明するのかを決めないといけないため、ちょっと執筆の慣れと経験が必要です。もちろん、知識も必要になり、知らないキーワードについて1000文字書くには片手間のリサーチでは足りないので、幅広く深掘りされた知識がライターに求められます。

 

クライアント向け:初めて記事を依頼する場合、とにかく文字数を多くして「コンテンツ要件を満たそうとする文章」を依頼する方が多いですが、それで上位表示されることはありません。より少ない文字数で、より多くの情報を持ち、信頼に値するページが上位表示されますので、無駄に文字だけ多いサイトは下げられます。ユーザーにとって読みにくいだけです。1ページ内に最低限必要な情報を盛り込もうとすると1ページ3000文字から4000文字はどうしても必要になるので、ターゲットに答えを投げられるような構成(タイトル・見出し・ターゲットユーザーなど)を考えてから記事を依頼しましょう。

 

 

です・ます調についての認識

です・ます調というのは、ここで書いているように文末表現が

 

  • 「~です。」
  • 「~ます。」

 

で終わるものを総称してそう呼びます。が、ウェブライティングの場合は、丁寧な言い方をしていれば「です・ます調」と認識される場合があります。私の知る限りでは、厳密には

 

  • 「~なのです。」
  • 「~なります。」
  • 「~しましょう。」
  • 「~なんです。」

 

という言い方は「です・ます調」には分類されず、論文には適さない表現と言われますが、ウェブライティングではこれらの表現を使っても基本許されます。ただし、稚拙な表現になってしまう

 

  • 「~なのです。」
  • 「~なんです。」

 

のような表現は非承認になるので、在宅ライターを始めたばかりの方はこの辺のさじ加減を早めに身につけましょう。書き言葉でちゃんと丁寧に書いていれば基本的には承認されます。また、以下のような表現はクラウドソーシングではグレーゾーンなのですが、一般ライティングとしては既にOKとされているものですので、ここに残しておきます。

 

  • 「~してください。」
  • 「~してみましょう。」
  • 「~でしょう。」
  • 「~こともあります。」
  • 「~するとよいでしょう。」

 

古い記事作成代行サービスではデフォルトでこうした表現にまで対応できていないので、記事作成代行サイトごとの違いも把握してあなたの書き方にあったクラウドソーシングで活動しましょう。

 

 

キーワードからテーマの広げ方

特定のキーワードについての説明文を1000文字で書けと言われても、なかなかネタが出てこなかったり、ネタが尽きてしまったりします。そんな時には以下のような切り口で書いたり、文章構成を変えたりして同じキーワードでも複数の書き方ができるようにしましょう。

 

  • 3段落構成にする
  • 4段落構成にする
  • キーワードの由来について
  • キーワードの種類について
  • キーワードの歴史について
  • キーワードの魅力について
  • キーワードの活用方法について
  • キーワードのメリットについて
  • キーワードのデメリットについて
  • キーワードの注意点について
  • キーワードの価格・料金について
  • キーワードのクチコミについて
  • キーワードの対策について
  • キーワードの問題について
  • キーワードの副作用について
  • キーワードの応用について
  • キーワードの一般論について
  • キーワードのイベントについて
  • キーワードの運営者について
  • キーワードの最新情報について

 

こうしたキーワードから執筆するテーマを増やしていけば、だいたいどんなキーワードを指定されても執筆できます。指定がない時は複数の視点から書ければそれだけたくさん執筆できますので、効率が良くなってきます。既に調べて知識が身についているキーワードを色んな切り口でダァーッと書ければ作業効率もよく、報酬額もアップさせやすいです。在宅ライターとして成功するには、こうしたテーマや切り口のアイデアをたくさん 出せるというスキルも必要です。

 

 

要約とまとめの文章

作業案件によっては、文章の最初に要約、文末にまとめを書いてくれというものもあります。実はこの文頭に入れる要約はSEO対策のために使われるもので、サイトのメタデータ「Description」に相当するものを書く手間を省くために在宅ライターに書かせているのです。本来はSEOライティングに当たるものなので、通常単価で依頼してはダメなのですが、それを知らないのを良いことに一般ライターに安い単価で書かせているものです。

 

この「Description」は、インターネットで検索された時に出てくる文章のことです。検索した世界中のユーザーに対して一番最初に目につく文章となるため、検索した人の求めている情報をこのDescription部分に書いていないと検索してきたユーザーはそのサイトをクリックしてくれません。

 

大量に(3000記事から10000記事)コンテンツを投入しないとアフィリエイトできない時点で失敗しているので、在宅ライターはアフィリエイターの裏の事情も把握した上で、適度に要約できていて承認される文章を納品して、悪質なクライアントからの仕事は二度と受けないようにしてください。低品質で利益しか考えていないウェブサイトはセキュリティや監査目線ではいらないです。

 

まとめの文章については特段SEOの効果はないですが、訴求する文章で述べたように案件リンクへの誘導を促せるような表現をする必要があるので、きちんとしたまとめでなければユーザー(読者)にとっては何の価値もない文章になってしまいます。まとめや締めの文章は、サイト運営者自身で効果的なキャッチコピーを用意するようにしましょう。

 

 

一般常識レベルの表現を使う

クラウドソーシングでも、大勢の人に見せるブログ記事でも、難解な言語、一般的に使われていない用語を使用するのはダメです。難しい言葉を使っているのがかっこいいと思っている人もまれにいますが、一般ライティングでは、難解な言語を使用してはいけません。以下のような

 

  • 演繹的な
  • 忖度
  • コンプライアンス
  • アジェンダ
  • レジュメ
  • アライアンス
  • 齟齬がある
  • 叙述的な
  • 僥倖な
  • 恣意的
  • 中庸な
  • イニシアチブ
  • データベース
  • レイヤー
  • 一部の業界だけの略語
  • シースーなどの逆さ言葉

 

というような、ぱっと見ただけではその正しい意味を説明できない人が多い単語・表現を使用するのは非常に恥ずかしいことです。誰が読むか明確ではない一般ライティングで読み手を選んでしまうような文章には価値はありませんし、一般ライティングにそんな表現は求めていません。読者にとっては期待している答えが得られれば良いので、在宅ライターが伝わらない横文字や難しい表現を使う必要はありません

 

こうした難しい表現は、ターゲットを定めている場合には使用しても問題ありません。営業マンやマーケティング担当者を読み手に据えてコンテンツを作成している場合には、その人たちに通じる表現を用いるのがマナーです。読み手がネイリストになるようなコンテンツを作っているのであれば、そのネイリストのよく使う表現を用いて執筆するのがマナーです。あなたの知識披露はいらないので、読み手のことを考えた読みやすく、ささっと読んで理解できる表現を使って文章を書いてください。

 

また、こうした表現は個人のブログや個人で出版する書籍においては自由に使っても何の問題もありません。あなたの書いた文章が相手に伝わらないで、読み手の時間を奪い、いちばん大切な事を伝える前に読み手はその文章から離れていきます。難しい表現をするのは個人ブログのようなものでは好きにすればいいのですが、大勢の方に読まれることを想定しているコンテンツでは、理解される文章を書くのがライターの仕事です。

 

 

読み手レベルは基本大学生以上

一般ライティングで想定している読み手は大学生以上、65歳未満の方々です。クラウドソーシングで1000文字、2000文字と書かれていても高齢者はそんなにたくさん文字を読めません。高校生や中学生はクラウドソーシングで書かれるような文章をそもそも読まないうえ、SNSや、Vlog・YouTubeなど動画での表現を先にチェックするので若い方もターゲットになりません。一般的な社会人、サラリーマン、公務員が読み手になるため、18歳から65歳の方々が理解できる文章を書くように心がけてください。

 

在宅ライターを目指すそうと思っている時点で、あなたには文章を書く才能があります。この作文スキル、執筆スキルは誰にでも備わっているものではありません。社会人として生活している方ならばわかると思いますが、多くの方は文章を書くのが苦手です。そんな中で執筆を仕事にする在宅ライターになるには、一般人よりもほんのちょっとだけ高い文章力が求められます。たぶん、合計200時間の実務経験があれば十分ライターとして活躍できるでしょう。

 

 

ターゲットに合わせて書く

読み手の年齢や属性を理解して書くのは難しそうに思えますが、以下のように、キーワードが分かればある程度ターゲットを絞り込めます。

 

  • FX:サラリーマン・フリーター 男性
  • 自動車:クルマ好き30代以上 男性
  • エクステリア:戸建て所有者40代 男女
  • 化粧水:肌トラブル 女性
  • 副業:公務員 サラリーマン 男女
  • SIM:低収入 2台持ち 男性
  • 格安スマホ:2台持ち アンドロイド 男性
  • インスタ映え:iPhone 写真 女性

 

アフィリエイターは、先鋭的に少しでも人数が多くなるターゲット層を見つけて、その人たちにアプローチできるようなコンテンツで戦います。そうしないとアフィリエイト収入が十分に増えないからです。ゲームコンテンツ、ゲーム実況などは、ゲームの数カ月スパンの盛衰ですぐにコンテンツが死んでしまうので、安定的な収益にはならず、作業効率が悪くなります。

 

読み手のことを考えて執筆しないと、ユーザーはその文章を一切読まずにサイト運営も失敗します。読み手がほしいと思っている情報を提供できなければ、どれだけ文章が多く入っているサイトでも意味が無いのです。お店の料金やプランを知りたい方向けのサイトなのに、プランの詳細やお店のコンセプトばかり詰め込んでいても読む人はいません。

 

そうなると、実際にそのお店を訪れてお金を使った人の体験談やクチコミが含まれているサイトの方を上位表示することになるので、せっかく記事があっても読み手に伝わらなくなってしまいます。読み手・ターゲットを捉えて文章作成するのはできるライターの基本スキルです。

 

 

体験談記事の書き方

一般ライティングでは、たまに体験談風の記事を書くよう依頼されることもあります。クラウドソーシングに依頼される体験談記事は、たいてい在宅ライターやウェブライターが作り話で書いています。そんな体験談がインターネット上にあふれていれば、インターネットの情報の9割は嘘だというのも納得ですよね。

 

Yahoo!知恵袋の回答者も結局はインターネットでちょっと調べて回答してるだけの場合が多いので、質問サイトもはっきりいって当てになりません。Amazonなどのクチコミ・評価も一部ちゃんとしたクチコミもありますが、業者が評価をつけている場合もあるので、これもまた当てになりません。

 

体験談を書く時は、5W1Hを特に重視して書くと信頼度と信憑性が上がります。適当にウェブライターが書いた体験談の95%は、体験と感想のみを書いているのに対し、実際の体験談には日付、金額、商品名、スタッフの指名や対応などがちゃんと記載されます。体験談で読者に信頼してもらうには、きちんとした体験談をなんとか集めるか、信頼度の上がるような体験談を捏造できるライターに高めのお金を支払って、ちゃんと頼んで書いてもらいましょう。(非常に良くない行為ですが。)

 

ここでは、体験談の捏造記事を推奨はしませんが、アフィリエイトの特性上、体験談があったほうがアクセスが上がるのは事実です。悲しいことにそういう体験談を信じて行動してしまう人のほうが多いのが実情です。

 

あなたがちゃんとしたウェブライターなのであれば、これまでの古いアフィリエイターがやってきたような捏造記事ではなく、お金がかかってもちゃんとした体験談を書けるように、色んな分野の経験を積んでいってください。有名なサプリメントの体験談などは特に重宝されますので「にんにく卵黄」などずっとアフィリエイトを続けているような商品は1回だけでも必ず利用してみて、写真、使用レポートなどを記録しておくとライティングの助けになるはずです。

 

 

断定し過ぎはダメ

一般ライティングに多い説明文は、言い切り・断定表現になることがほとんどです。しかし、強い断定表現をしてしまうのはあまり好ましくないとされていて、100%正しいかどうかわからないことや、人によって価値観に差が出るようなことを明確に断言すると非承認にされます。例えば、目玉焼きにかけるのは醤油か、塩か、はたまたソースかというような大多数がどうしているのか分からないような事象で、個人の感覚が多く入りすぎるような内容で記事を書くのは避けたほうが良いです。

 

サプリメントの効果について書く時も、薬事法の影響でサプリメントに「はっきりと効果がある」と読者に思わせるような表現は禁止されています。効果があると書いたとしても、文末に注意書きとして「効果には個人差がある」というような表記を書いていないと検索上位を取らせないようにできています。何でもかんでも言い切ってしまうのではなく、少しやわらかい表現、意味に幅を持たせられる表現を使ってください。

 

 

伝聞調は曖昧すぎてダメ

一般的なウェブサイトでは、読者に答えを与えるのが主な目的として運営されているので

 

  • 「~らしいです」
  • 「~だそうです」
  • 「~のようです」
  • 「~なりそうです」

 

というようなはっきりしない表現は非承認とします。インターネット上で検索調べた情報であっても、最低限言い切りの文末にして、文章に信頼性を持たせなければいけません。在宅ライター、ウェブライターには、こうした情報の信憑性チェックができるくらいの知識量が求められるため、執筆するキーワードについてのリサーチは非常に大切です。

 

9割が嘘の情報だと言われているインターネットから得た情報が本当に真実かどうかを確かめるには、インターネット上にある残り1割の科学的根拠に基づいて、または、辞書的な真実に基づいて記載されている情報を見つけておかないといけません。

 

商品、サービスのことを調べる時には、その販売会社の公式サイトをチェックし、必要に応じて電話やメールで商品についての事実を確認することになります。多くの安い単価で作業を請け負っている方はそこまで新聞記者みたいなリサーチはしないで、軽い気持ちで誰が書いたのかもわからないような文章を信じて執筆をしています。本当ならば、そういう書き方は受け入れられないものなので、きちんとファクトチェック(情報が正しいか確かめるチェック)をしてから、執筆しましょう。

 

 

【まとめ】一般ライティングは全ての基本

ここまでで説明した一般ライティングのポイントを以下にまとめておきます。

 

  • 説明文がほとんど
  • 訴求する文章を書く
  • 読みやすい文章を書く
  • 他人を不快にしない文章を書く
  • 300文字から1000文字程度
  • 文字単価は0.5円から1.0円

 

クラウドソーシングでライティングする時には、切り口の多さとテーマの多さ、文章表現の幅が大切になります。多くのクライアントはライターが書いた記事をそのままコピペでクライアントの所有するサイトに貼り付けるので、一度納品したことのある記事を他のクライアントに投げてもWEB重複に100%引っかかってコンテンツおよびライターとしての価値を失います。簡単にいえば、無難な文章を伝わるように書く作業をしていれば一般ライティングはすぐにマスターできるでしょう。

 

 

どれくらい修行すればいいの?

一般ライティングはクラウドソーシングで1カ月から2カ月経験を積めば修行は完了です。しかし、1年や2年の実績があったほうが仕事を取りやすいのは事実です。幸いなことに、どんなライティングのお仕事でも、プロも素人も最初はテスト記事やトライアル記事を書くことになるので、プロでも最初は気を抜けません。

 

時には、クライアントが自分で作業したほうがいいんじゃないかと思うくらいに無駄に多い指示書に忠実に従って執筆しないといけないこともあるので、最初のお仕事取りはいつになっても大変です。Sagoooワークスやげん玉クラウドのようなクラウドソーシングで作業する分にはクライアントとの直接取引はないので安心ですが、クラウドワークスみたいなところでは苦労が耐えません。

 

金額と承認率で言うと、だいたい累計30万円分の記事を執筆してちゃんと承認されていれば一般ライティングはマスターしたと考えていいと思います。幅広い分野で執筆できるようにしたいならば、それだけ時間が必要ですが、在宅ライターとして3カ月から5カ月で累計30万円稼げていれば実績としては十分です。

 

もちろん長年作業経験があれば、記事のメモ帳納品、ワード納品、スプレッドシート納品など色んな会社ごとの違いにも触れることになると思いますので、執筆後の共有も効率的にできるようになるでしょう。どんどんステップアップして単価の高い記事を書きたい方は、一つの目安として2カ月間の修行と承認金額累計30万円を超えるあたりを目指して頑張ってみてください。

 

 

もしこのブログの情報が役に立ったと思ったら「はてブ・Twitter・Facebook」などで気軽にシェアしてください!

 

 

こちらブログサークルへのリンクです。
ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新デース
ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください