#9 SEOライティングの基本から応用まで【ウェブライター養成講座】

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

SEOとは何か

ウェブサイトの運営をしているとライターでもたまに耳にすると思いますが、SEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、GoogleChromeやSafari、Yahoo!検索などでページが表示される順位を高めるためにサイト運営社側でできる工夫のことを全般的にそう呼んでいます。

 

気をつけないといけないのは、このSEO処理に正解はないという点です。巷にあるSEOの情報は噂くらいに考えておいて、実践して実際にユーザーが見てくれることが多くなればその最適化は成功しています。SEOのプロだとか「これでアクセスが上がった!」という類のものは半分正解で、半分間違いです。ここではSEOライティング(執筆レベル)をメインで扱います。表に出せない詳細までは記載しませんが興味のある方は研究してみてください。

 

当方はセキュリティの関係上知らなければいけないため、だいたい全部把握しています。TwitterやFacebookで名を馳せているあの人もSEOに関する情報はあくまで外部から情報収集とたくさんの研究と失敗を重ねて「おそらくこうだろう」という結論をその時点で導き出したに過ぎません。日々変化するものなので、これが正解だということはできないのがSEO・SEMです。

 

その理由は、日々一定のキーワードで検索された際に表示されるウェブサイトに変化があるためです。ユーザーの求めている情報も日々変化しており、それに伴って検索表示順位は変化します。これが正解だという一定のルールは、一定ラインまでは確かに存在しますが、それもユーザーの行動や毎日増えていくウェブサイトの様子に応じて変化します。こうした変化にも負けないような重みのあるコンテンツを見やすく、わかりやすく伝えていくのがライターやアフィリエイターの仕事です。

 

 

アフィリエイトとサイト運営は別物

アフィリエイトというのは、広告物や販売促進物をユーザーにどう宣伝していくかを工夫し、マッチングしていく作業です。

 

サイト運営は、ウェブサイトが発信したい情報とその情報がほしいユーザーに届ける作業です。サイト運営だけではアフィリエイトは関係なく、ユーザーが増えてきたら収益化するためにGoogleAdsenseやユーザーに合わせて広告を貼ったり、紹介しているサービスの広告を貼ったりするのが通常の方法です。

 

一般的に嫌われていて評価が低いのは、利益ありきで広告を売り込むだけの戦略で運営されているページやサイトです。ユーザーが求めているのはそういうことじゃないです。12月や4月にAmazonや楽天のページがたくさん一時的に上位に上がりやすくなるのも、ユーザーが求めているだけなので、裏取引とかそういうのはありません。とある会社も広告収入がメインなので、アフィリエイトをしているということに関しては同じです。ブラウザを使って、ピンポイントでその情報を求めているユーザーにアクセスできるから魅力的で、サービスとして強いだけで、基本的な感覚はアフィリエイターと変わりないです。

 

サイト運営では、サイトの安全性やサーバーの表示速度改善、GoogleAnalyticsやSearchConsoleを使用してどんな人が見に来ているかチェックするなど分析とそれに合わせた最適化を施していきます。分析結果に応じて、記事内のキーワードや言い回しを変えたり、年齢層や性別に応じてカラー・配色を変えたり、使用端末に応じて見やすさを工夫したりするのが主な作業です。

 

CSSやHTML、時にJavascriptやphpをいじっていきます。この作業もSEOライターに任せられることが多いですが、コーディングみたいなところと、ウェブデザインも合わせてやることになるので、1記事2000円とか3000円とかかかるのが一般的で、本格的にやり始めるとこの仕事だけで月収100万円届くこともあります。

 

 

検索キーワードとは

検索キーワードとは、iPhoneやスマートフォン、パソコンを使ってユーザーが検索する時に入力したキーワードのことを指します。この検索キーワードは時期、イベント、季節、テレビ番組、政治的変化によって検索される文字列とその検索数が大幅に変化します。

 

一時的に流行したゲームは、その時は検索キーワードとして人気が出ますが、時間が経つと忘れられていき、そのページに訪れる人も減っていきます。PS4やXboxタイトルはプレイされた後はアップデートやDLCがない限り時間経過で廃れていきますので、ゲームコンテンツは管理と運営が大変です。でも、検索されるボリュームは非常に大きいので、利益は出やすく、運営者は消耗して疲れやすいです。

 

1月にはお正月関連、3月から4月はお花見や新歓パーティー、制服や転職、自動車などに関連するキーワードが伸びます。また、夏前には脱毛や水着、ダイエット、海やプールに関係するキーワードが伸びてきて、もちろん、9月、10月にはハロウィン、11月、12月にはクリスマス関連のキーワードが伸びてきます。日頃きちんとページとサイトが運営されていれば、季節によって検索されてくるキーワードが変わるので、バランス良くコンテンツを入れておけば、1年中サイトが上位を取ってくれることもあります。

 

季節関係なく、いつでも求められていて、なくなることのないコンテンツを扱うと常に上位表示させておくこともできます。WordPressの使い方とか、iPhoneの使い方とか、勉強の教材とかは常に廃れることのないコンテンツで、競合サイトが多くても持っていたほうが後から伸びてきます。

 

 

ユーザーの一般的な行動

ユーザーがブラウザを使用して検索する時、なにか深く考えているわけではなく、ふと浮かんだ疑問を解決することを主な目的にしています。電車の時刻表、行き先までかかる料金など未だに調べやすくならない分野もありますが、商品の価格や店舗の営業時間、土日の休業、年末年始の開業日程などもインターネットを利用して調べる人が多いです。

 

ユーザーは答えが得られればそのまま画面を閉じるか、ブラウザの元の画面に戻りますが、いくつものページを行ったり来たりすることはほとんどなく、上位表示されている2サイト、3サイトくらいまでしかチェックしません。また、広告と書かれているページが多いと不快に感じ、広告の下に来ているサイトを先にチェックして「タイトル」でなんとなく良さげなところをクリックしてページを見ます。ぶっちゃけ読み込み速度が遅くても表示されるのを待つことに慣れている人が多いので、スピードよりもタイトルの「なんかいい感じ」が一番大事です。

 

それでも検索結果に表示される広告は1%から25%くらいのクリック率になりますので、みんながみんな広告を嫌いなのではありません。時にはGoogle広告に出稿してみるのもありです。

 

Description部分に答えを書いておくのも非常に大切ですが、極端にわかりやすく記載してしまうと、検索ページまでしか訪れず、ウェブページがクリックされないこともまれにあります。検索してからウェブページを訪れるまでのユーザーの行動は本能的で、あまり細かいことは考えていない場合が多いです。だから、アフィリエイターが稼げるという現実もありますが、ユーザーの行動や意図を理解してページづくりをしていないと十分なアクセスは来ないでしょう。

 

 

ユーザー(消費者)の求めていることは多い

ユーザーが求めているのは答えと利便性です。疑問の解決や金額・時間の把握が最も多い要求で、便利なツールやアプリの検索、解決方法や攻略方法を検索するユーザーも多いです。どの場合も結局は答えを求めての行動ですので、ウェブページ内にはっきりした答えがなければ、上位表示されていても人は離れていって、結果的に下位表示されるようになります。ユーザーが求めていることはまず第一に答えですが、それ以外にもページの見やすさ、表示速度、わかりやすさ、雰囲気の良さなどウェブページを作る人達からしたら、わがまますぎると感じるほどに消費者は要求が大きいものです。

 

プログラマーが真剣に作り込んだ機能が、ユーザーの多くにとってはどうでも良かったということもあり、適当に作った表やイラストが人気になったりすることもあります。SNS共有やメールで送る機能も意外と使っている人がいて、奥様に頼まれて検索した方が奥様に検索結果を伝えるためにメールで共有したり、LINEでブラウザページごと共有したりすることも多いため、SNSリンクボタンにTwitterやFacebookだけを設定するのではなく、LINEやメールでの共有ボタンもつけておかないと不便になります。

 

プログラマーやデザイナーからすると表示崩れは非常に気になる案件ですが、ユーザーにとっては正直どうでも良いとあまり気にされていないこともあります。初めて訪れるユーザーにとって、そのサイトの正しいデザインなんてわからないのです。少し表示がおかしいと思うだけで、きちんと答えが得られたと満足されていれば上位表示されたままになることもあります。テーブルタグをレスポンシブにするために何十時間も何十万円もかけるなら、表を画像で貼り付けたほうが断然ユーザーは満足します。

 

 

記事のキーワード率を考えよう

SEOの対策として1000文字中にどれくらいのキーワードが含まれているかチェックするといった手法があります。正確にはこの方法はSEO対策とは異なるもので、ただのデータを追跡した結果、おそらくそうだろうと判断されているだけで、当てになりません。そのページでユーザーが求めている答えを見つけるのに必要な情報を、必要な説明を交えて説明できているページなら上位表示される可能性が高いです。

 

文字数が10000文字あっても必要なキーワードが3つしかなく、冗長表現や関係ない表現ばかりが含まれている場合は、上位表示などされません。逆に300文字で簡潔にユーザーの求めている答えが表示されているページがあれば、そちらをより人の目につく所におきます。文字数やキーワードが多ければいいのではなく、解説に最低限必要なキーワードを、必要な分量で含んでいれば上位表示に近づきます。そのため、キーワードだけ追っていく手法はすぐにAIに駆逐されますので当てにしないほうが良いでしょう。

 

きちんとユーザーの求めている答えに行き着けるように、ユーザーのことを第一に考えてコンテンツを作っていってください。

 

 

キーワードとユーザー分析

特定のキーワードで上位表示させたい場合、そこに関連づくユーザーを分析すれば表現方法を絞り込めます。「ゲーム」というキーワードで検索をかけてくるユーザーの多くはやはり男性で、男性にとって読みやすく見やすいページデザインと文末表現を採用したほうがアクセスが上がります。逆に「ネイル」というキーワードで検索してくるユーザーはほとんどが女性で、きれいな写真がいっぱい盛り込まれたウェブページの方がアクセスが上がります。メインで扱うキーワードに合わせたユーザーを見繕って執筆するのはSEOライティングの軸となる考え方ですので、クライアントと相談の上で執筆を行いましょう。

 

経験の薄いクライアントの依頼では、男性か女性か、性別しか指定されないことがあります。これでは狙ったユーザーに対する記事を書けないので、クライアント側の分析不足、プロファイル不足でおそらくそのプロジェクトはうまくいきません。年齢、性別、居住地くらいはせめて絞り込んでもらわないとSEOライティングにはなりませんので、変なクライアントを選ばないようにしましょう。お金を少し稼げたくらいでプロを名乗ることはできませんので、きちんとターゲットを見極められているかどうかもクライアント選びには必須のチェック項目です。

 

 

Descriptionが文頭に必要

記事の一番最初に記載される160文字くらいがDescriptionと同じようなものと認識されます。もちろん、別途、設定すれば、設定したものがDescriptionとして検索結果に表示されます。このDescriptionはクライアントに力があればクライアント自身で作るのが一番良いのですが、面倒くさがりな楽をしたいだけのクライアントはこのDescription部分もライターに丸投げしてきます。

 

この部分は、紹介する商品に興味をもっと持ってもらえるようにしたり、ライターが書いた文章の総まとめをして、ユーザーがクリックしたくなるものにしないといけないので、本質的にはライターが書いて良いものではありません。SEOライティングをする場合には、クライアントも楽をできると考えていることが多いので、一応、ライター側では書かされる可能性が高いと考えておき、DescriptionやKeywordsを自給できないくらいクライアントはいずれ消えていくものと考えて、あまり長いお付き合いはしないようにしましょう。

 

 

まとめの文章でクリックに働きかけたい

まとめの文とは、文字通り、文末、最後の方の文章のことで、ユーザーが広告や商品、次の記事をクリックしてくれるように促す部分を作る、SEOライティングの大切な部分です。堂々と紹介して、堂々とクリックしてね!と書いたほうが良いことが多く、いかにも広告を貼ってあるだけのページはあまりクリック率が伸びないです。この締めの文章は、専門用語で「クロージング」と言われることもあり、訴求する文、締めの文、まとめ部分などクライアントによって言い方が変わります。

 

このまとめの部分がきちんと書かれていてもクリック率が上がらないことはよくあるので、広告バナーの貼り方や文字装飾、余白変更、改行の工夫などアフィリエイターの主な作業となる部分をSEOライターが請け負うこともあります。ここを請け負うかどうかは、追加料金の有無と、その記事への情熱、投稿されるサイトへの興味関心がものをいいます。

 

SEOライティングで安く請け負うことはないので、受けてしまった場合はさっさと終わらせて、その後の新しい仕事は受けないでおくか、きちんと追加料金がかかる部分だと伝えて、適正な価格で適正なサービスを提供するか、どちらかを選びましょう。変なクライアントは本当に多いので、嫌な場合は受けなくていいです。

 

 

答えを出すのがSEOライティング

キーワードを受け取り、ユーザー分析を済ませて、その記事で答えるべき情報がわかればあとは執筆するだけです。大学などの論文で書いたのと同じように、最初のAbstractや概要と言われる導入部分で一度答えを示しましょう。その後、答えに至る理由や料金や時間の説明、反論や注意点、デメリットを書いた上で最後に結論を残すのが一般的な書き方です。ユーザーはそんなに長い文章をすべて読んでいられないので、流し読みで見ても答えがぱぱっと見つかるような書き方をしましょう。

 

数字や金額表記は少ない情報でもHTMLのテーブルタグや箇条書きで記載したほうがユーザーからの信頼度が上がります。文字でだあーーっと書かれていてもよく分からない、頭に入ってこないため、SEOライティングでは段落タグや改行タグ、見出しタグを使用する場合も多いので、HTMLとCSSのスタイル属性で装飾するくらいまではプログラムを学んでおきましょう。

 

 

具体的な数字と参照リンクが必須

具体的な数字や金額を示せていても、その情報源が示せていない場合は上位表示までの道のりが遠くなります。金額や営業時間を記載したら、必ず公式サイトやその情報が掲載されていたウェブページへのリンクURLを貼り付けておきましょう。画像やスクショで情報の信頼度を高める工夫も大切です。イベントの有無や雨天時の変更なども見やすく、わかりやすく記載されているのが理想的です。

 

数字部分は、見やすく太字ボールド、赤文字などにして強調すると良いでしょう。ただし、文字装飾しすぎると見にくくなるため、この装飾はSEOライターのセンスと経験が頼りです。伝わりやすい書き方、分かりやすい表記は、実際にブログエディターやWordpressなどを使用して編集しないといけないので作業環境の整備も大切です。

 

 

関連・関係キーワードの概念を持とう

特定のキーワードには、必ずそれに関連付けられるキーワードというものがあります。例えば「ゲーム」と一緒に検索される「攻略」「バージョン」「ダウンロード」など一緒に記載しておくとユーザーが色んな情報をまとめて得られて解決できるようなキーワードを共起語といいます。

 

一部のスクレイピングツールでは、検索上位に表示されているウェブサイトに高負荷をかけてキーワードを抜き出し、人気度の高いキーワードを関連語として活用している事が多いですが、これは残念ながら他のサイトの真似をしているだけで、後追いのコンテンツ作りしかできず、ユーザーライクなコンテンツ作りではありません。

 

ユーザーにとって役に立つ情報を提供するためにどうしても必要になったキーワードと、ユーザーが入れてほしいと感じる情報に基づくキーワードが本来の共起語です。キーワード分析やスクレイピングでは開拓しきれないことなので、安易に高額なツールや利益だけ重視しているなんちゃってツール、ブラウザに高負荷をかけるようなツールは使わず、SEOライターの経験とセンスを重視してコンテンツを生み出しましょう。

 

この共起語や関連キーワード、関係キーワードを記載できるのは、その道に精通した人のみです。コーヒーといえば、ドリップ、焙煎、ブレンドなどのキーワードが一般ライターにとっては大切なキーワードになりやすいですが、実際にアフィリエイト向けに記事を書く場合は、ミルク、サーバー、砂糖、カップなど専門知識より飲むことを楽しみたい人向けのキーワードです。

 

コーヒーに精通している人ならば、コーヒー好きのどんな人が求める情報に対して、何を返せばよいか分かっていますので、おすすめの安全性の高いミルクやおしゃれでマドラー代わりにもなるお砂糖のことなども記事にできて、ユーザーがそのサイトに訪れてファンになって帰っていってくれます。

 

 

アフィリエイトしたいならSEOライターに書いてもらおう

アフィリエイトを主目的に記事を依頼するという方は、おそらくまだアフィリエイト経験が浅く、報酬もそこまで多く得られていないはずです。そういう場合は、多少お金がかかってもSEOライターにきちんと依頼して、記事を完全に丸投げして書いてもらったほうが成果が出やすいです。

 

既に成功したことのあるSEOライターは、新規分野の開拓や完全に自分のやり方で記事を書かせてくれる環境を非常に好みます。SEOライターに指示書を提出して、細かいところまで見出しの番号や数、使用するCSSスタイルコードなども指定するようなギチギチの環境はSEOライターのやる気をこそぎ落として、記事の品質も削ぎ落とすことになります。経験の少ないライターには指示が多くなります。

 

アフィリエイト報酬を目的にしている方は、良いSEOライターに出会うことが一番の成功への近道です。この良いライターに出会うのは非常に難しく、その分野に精通していてライティング業務を請け負ってくれる方で、SEOやウェブマーケティングに詳しい方との出会いは奇跡です。

 

見つけられたら、それは相当ラッキーで、神様が引き寄せてくれた可能性があるくらいに考えたほうが良いです。引き寄せるか、あなた自身がそのSEOライターになってしまったほうが早いです。記事を求めているユーザーのこと、まとめの文章の導き方、文字装飾や余白づくりなどを考えつつ、HTMLやCSSまでいじれるようにしていきましょう。

 

 

専門知識よりセンスが必要

SEOライティングに慣れるには、自分でアフィリエイトやGoogleAdsenseを生かしたサイト収益化を経験するのが一番です。Google公式のデジタルマーケティング資格、Twitter Flight SchoolやGoogleAnalyticsの分析、SearchConsoleの分析ができるようになれば、かなり便利で活動しやすくなるはずです。

 

SEOキーワードの出し方やどんなユーザー向けに記事を書くか分かってしまえば、そこまで難しくはなく、ライターとしてもランクアップできます。サイト一つ作り込んで、上位表示させようと思ったら、いつでもさせられるくらいに訓練をして自信をつけられればもう十分です。

 

SEOライティングは実際は試行錯誤の連続で、分析結果に応じて変わるキーワードの配分やユーザーの求めに応じながら最適な記事を用意することになります。しかし、ある程度作り込みが終わったら、それ以上のブラッシュアップは必要なくなるので、そこまでいければ他のサイトに負けることはなく、サイトも上位表示されたままになって、収益としても非常に効率のよいものになるでしょう。

 

 

見出しの流れが大切

SEOライティングに慣れないうちは、いきなり本文の執筆を始めるのではなく科学論文を作る時の要領でだいたいの道筋を見出しという形で作ってから、文章を満たしましょう。最初にどんなタイトルの見出しを用意して、どこで料金やランキングコンテンツ、商品の詳細や体験談を織り交ぜていくかを見出しをメモ代わりにして作っていきましょう。ある程度順番を整理できたら、あとは見出しをみるだけでなにが書いてあるか分かるように見出しにも数字や具体的な答えが入るように編集して、本文を執筆していきましょう。

 

 

タイトル作りはキーワードの組み合わせで作る

ユーザーに満足してもらえるタイトルを作るには、最低限必要なキーワードを合わせてタイトルを作る必要があります。【】や★などで強調するのもありですが、クリックしようと思ってもらえなければいけないので、これも試行錯誤の連続になります。一発で完璧なタイトルを作れることはないため、まずは作り込んだ記事を上げて、SearchConsoleでどんなキーワードでユーザーが訪れてきてくれているかチェックしながらタイトルや記事内のコンテンツ内容を変えていきましょう。ユーザーの希望していることをSearchConsoleで見いだせれば、サイトへのアクセス数は多少改善することができます。

 

GoogleAnalyticsを使用すればユーザーの年齢層や性別、アクセス地域や行動フローを分析できるため、ウェブページ内のリンクの位置や記事の方向性、ユーザー層に合わせて記事執筆をすることも可能になります。タイトルを変えるときにもユーザーが求めている答えになりそうで、上位表示されているところで、最もクリックされそうなタイトルに変えて目立たせるなどの工夫も必要です。

 

 

競合しているサイトを10個以上チェックしてから書いて

SEOライティングをする時は、競合サイトを上位10個は必ずチェックしておきましょう。そこのサイトに書かれている内容よりも充実した内容で、答えが早く見つかって、見やすくなるように執筆しないと新しく作るサイトは上位表示されにくいです。

 

長く運営されていて、多くのユーザーにも利用されているサイトの方が上位表示され続けられるので、コンテンツで負けないようにしないといけません。他サイトの研究はとても大切なため、既にある上位表示サイトの欠点やあら捜しをして、自分のサイトやクライアントのサイトではそれに負けないコンテンツを詰め込みましょう。

 

 

Adwordsに出稿してキーワード属性を分析

キーワードの選別、キーワードプランナーの利用など、検索ボリュームを知るのに最もおすすめなのはGoogleAdwordsです。1日300円とか、1日500円とか予算を決めて広告を出せて、そのキーワードに対してのオーディエンス(ユーザー属性・年齢・性別)や検索ボリューム、検索キーワードなどを割り出せます。

 

お金はかかりますが、これをやっておいて損はないでしょう。どんな年齢層の人が、何を求めてサイトを訪れてきているか分かれば、記事の作成にも大いに活かせます。SEOライターは個人でAdwordsアカウントを持っていて、そうしたところからも情報収集している場合があるので、安い金額で依頼するのは避けましょう。

 

 

もしこのブログの情報が役に立ったと思ったら「はてブ・Twitter・Facebook」などで気軽にシェアしてください!

 

 

こちらブログサークルへのリンクです。
ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新デース
ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください