月曜日のおすすめの過ごし方と特徴【平穏に暮らす】

曜日別ライフハック

月曜日は1週間のはじまりで、ブルーマンデーを感じながら生きている人もいますが、一週間の始まりだからこそ気楽に生きれる人もいます。ここでは、各方面で起きている月曜日の事情、特徴に触れつつ、月曜日を過ごすためのヒントをまとめています。

月曜日の特徴|よく起こること

月曜日に起きていることを、簡単にまとめると、次の通りです。

  • ゴミ出し(地域による)
  • 憂鬱な出勤・通勤
  • 市場が動き出す
  • ケーキ屋やカフェが休み
  • 月曜に気が休まる(土日疲れる人など)
  • 事故が起こりやすい
  • 仕事の効率が落ちる
  • ツイッターやネット上はギスギスしやすい

1週間の始まりということで、憂鬱ながら通勤・通学をする人がほとんどですが、それに伴い、ネット上ではストレス発散のために愚痴や喧嘩が増えます。土日に子どもとパートナーの世話を忙しくした人にとっては、子どもが学校に、パートナーが職場に行っている間の月曜の余裕のある時間は休息タイムです。

 

お店や公共施設によっては月曜日が休みになっていることがあります。ワクワクしてお店に行ったら休みだった…なんてなると悲しくなっちゃうので、GoogleMapなどでの営業時間チェックは必須です。

 

月曜日は、事故や仕事効率の低下などが避けられません。月曜日に過剰に期待しないほうが良いです。

 

月曜日に適した心持ち

月曜日をやっつけて、1週間を平穏かつ効果的に過ごしたい場合は

  • 最初から飛ばさない
  • 急加速しない
  • 他人にゆるくしてあげる
  • ネット上の燃えそうな話題に触れない
  • イライラを抱えている人から距離を取る

など、工夫するのが一番です。月曜日は、どこの会社でも、お店でも、基本疲れている、乗り気じゃないというケースが多いです。この気持ちの面でのブルーな部分は仕事のパフォーマンスにも影響しています。

 

月曜日は

  • 叱らない
  • 求めない
  • 期待しない

が正解です。月曜日に重要な会議や成果報告をさせるとなると、土日に残業をさせてしまって、休息を奪う可能性があります。これにより、1週間のうち月曜以外の4日間、MAXではない体調で効率を落とした仕事をさせることになり、逆に非効率的です。

 

月曜のパフォーマンスはあえて下げ気味で良いことにすると、残りの4日間でブーストかけて成果出せるケースも多いので、月曜日に大変な作業や、重要な成果を求めないようにしましょう。

月曜日攻略法

月曜日をやっつける方法は、先手必勝です。まず、一週間のはじめを月曜にするから問題なので、日曜日の夜から月曜日だと考えて動き始めましょう。

  • 日曜に早寝する
  • 寝る前に準備等を徹底
  • 月曜に早起きする
  • ビタミンCサプリやカルシウムを多めに摂取
  • ストレスを最小限に維持する
  • 月曜日はお酒を飲まない
  • プチぜいたくを惜しみなく発揮する

月曜日の朝から憂鬱にならないよう、闘いを日曜日の夜からスタートさせましょう。仕事・学校などのストレスが大きい場合は特に、この方法で多少月曜日をやっつけやすくなります。

 

憂鬱な上に、忘れ物や服装の準備不足、そこにかかるストレス、そして、人間関係のストレスが重なってくるとやってらんなくなります。栄養をしっかり摂取して、惜しみなくストレスに勝てるように食事・サプリ・水分補給を徹底しましょう。

 

月曜日こそ、金曜日並みに自分へのご褒美を多く用意しましょう。ぜいたくなおやつやスイーツ、気になってたカップ麺、欲しかった雑貨を買っちゃうなど、確実に辛いことがある時ほど、自分へのご褒美を多めに用意しましょう。コントロールできる幸せならば、コントロールしましょう。

 

嫌な人に会うストレスについて

職場や学校の嫌いな人、面倒な人という存在とは、月曜日関係なく、根本的な問題解決を試みましょう。月曜日が嫌で、その憂鬱加減が桁違いに大きくなるのは、嫌いな人が職場や学校にいる場合です。

  • パワハラしてくる教授がいる
  • いじめてくるやつが同じクラスにいる
  • いちいち面倒くさいやつがいる
  • ちょっと厄介な部下がいる
  • セクハラ常習者の上司がいる

など、これら嫌な人間関係に再び会わなければいけないストレスは異常に大きいものです。これは月曜日が悪いのではなく、その相手の人間が悪いのであって、曜日の問題ではありません。

 

うつ病や強迫性障害、その他の精神的な疾病を抱える前に、タレコミは金曜日に、対策を取ってください。相手の上司、スポンサー、管理者、親、教師、SNSなどを駆使して、土日に上級職に対して「月曜日にやらないといけない仕事」を一つ追加してやってください。

 

心意気は強く、堂々と。戦争をふっかけてきたのは向こうなので、徹底的に闘うつもりで、細かいことは考えずにおかしいと思うことを全てぶちまけましょう。SNSで、社名や部署、実名を出してでも良いので、遠慮せず闘ってください。相手は立場を利用して人を苦しめる存在なので、生半可なやり方では倒せません。

 

相手の職、肩書き、組織の命運をぶっ壊すくらいのつもりで堂々とやって大丈夫です。パワハラやセクハラしてた場合は、たいていは相殺されますし、明らかに相手にマイナスの印象はつくし、こちらを舐めてかからなくなるので、こちらにとっては基本的にプラスにしか働きません。証拠の保全は大切に。

 

ただ、そこまでの厄介な人ではない場合は、自分へのご褒美作戦でなんとかなるはずです。人間関係のストレスは簡単にはなくならないので、さっさと場所を変えるのが一番です。逃げるが勝ちです。自然界では面と向かってクマやトラと対峙しないですが、それと一緒で、やばいやつ、嫌な人とは距離を取るのが正解です。

 

スポンサーリンク