日曜日のおすすめの過ごし方と特徴【平穏に暮らす】

曜日別ライフハック

日曜日は、実質一週間の終わりでもあり、始まりでもあります。日曜日の過ごし方で月曜日が憂鬱になるかどうかが変わり、その次の1週間の充実度が大きく変化します。土日や週末の質を高めるために、少しずつ日々の質を高めていってください。

日曜日の特徴|よく起こること

日曜日によく起こることは次の通りです。

  • 寝坊と夜ふかし
  • イベント参加やお出かけ
  • 月曜日に向けて憂鬱になる
  • 金土明けで体力はある
  • 主婦・主夫にとっては一番きつい
  • 準備不足で忙しくなる

日曜日は、一般的な主婦・主夫にとっては、家に1日中人がいる状態なので疲れる日でもあります。家族、親戚などと会わないといけない場合には、日曜日に気が休まらない可能性もあります。

 

金土に休めた人は日曜日が最も体力が余っていて、気力も十分あるはずですが、そのせいで夜ふかししてしまったり、遠出をしてしまって帰りにその疲れがどっと出るようなパターンもあります。

 

日曜日の午後は、月曜日と次の1週間の準備のために時間を割いたほうが平穏です。子どもがいれば、明日の準備、学校の準備は早めにやっておかないと急に牛乳パックがトイレの芯(家族4人でトイレの芯を生み出すほど踏ん張れないけど…)が必要になることがあります。用意は金曜の夕方には確認しておくと無難です。

 

日曜日に適した心持ち

日曜日を平穏に過ごすには、次の点に気をつけましょう。

  • 日曜の午後は空けておく
  • 体力が余っている人は運動する
  • 気まぐれに遠出しない
  • しっかり心身を休める
  • 主婦・主夫に無理をさせない
  • 早起きも夜ふかしもしない
  • 日光をしっかり浴びる
  • インターネットは最小限にする

日曜の午後は、多くの人のレジャー後の疲労感や、月曜日を迎える憂鬱から何かとトラブルも起きやすいです。また、仕事をしている人、子どもが学校に通っている人は、日曜の午後の準備時間が必須です。

 

日光浴をし、身体を温めて、適度に運動し、よく寝て、よく食べるのが日曜日の良い過ごし方です。映画館に行っても良し、海を眺めに行っても良し。ただし、日曜のよるギリギリまで外に出ているのはおすすめできません。トラブルを呼び込んでしまいます。

 

インターネットは活発ですが、月曜日に向けていくつかの層に分かれています。ギスギスし始める人、憂鬱を吐き出す人、ルンルンで明るく楽しそうにしている人が入り混じっている状態なので、変な人がいたら土曜日同様距離を取っておきましょう。

 

ネットで映画やアニメを見るのは有意義で良いと思いますが、FacebookやTwitterで愚痴愚痴話をしている所に飛び込んだり、社会問題の議論に参加したりするのは精神が疲弊するので、少し待ったほうが良いかもしれません。自分の心身を最も大切にしてあげてください。

日曜日攻略法

日曜日を平穏に過ごすためには、以下の工夫をすると良いでしょう。

  • 最も平穏に過ごせる場所で過ごす
  • 早めに寝る
  • 準備類は日曜午後にやる
  • お酒などは控えめに嗜む
  • 適度に運動する
  • ストレスフルな環境を避ける
  • 仕事をし始めない/タイミングを周囲に合わせる

日曜日は、基本的に休息に徹底すべき日です。ただし、飲食店などのサービス業は休日が日曜日にならないこともあるので、各自の定休日に合わせて、心身の持ち方を工夫しましょう。

 

子どもがいる月曜休みのケーキ屋さんの家庭では、世間の流れと仕事の流れが異なるため、調整が大変な場合があります。家族経営の場合は特に、どこかで折り合いをつけないといけないので、家族会議を定期的に設けて、休みをずらしたり、タイミングを合わせたりしましょう。双方の妥協と理解が必須です。

 

インターネット上では、土日にストレスを吐き出している人には深く関わらない方が良いでしょう。むやみに関係を維持していると、せっかくの土日の休息で、あなたが感じ取り考える必要のない、他人の問題で悩まなければいけなくなる可能性があります。日曜日は自分のために、思いっきり自分のわがままを許す日で良いので、情報の取捨は大切です。

 

日曜日だからこそ、サボりたい、というのも正解ですが、適度に運動して、日光を浴びた方が、満足度や暮らしの質がアップします。夜型は夜型で楽しいですが、運動と日光は必須です。適度に体調と相談しながら、健康維持に努めましょう。肩こりが減り、だるさが減り、身体が軽い中で平日動くのは満足度が桁違いです。

 

スポンサーリンク