木曜日のおすすめの過ごし方と特徴【平穏に暮らす】

曜日別ライフハック

木曜日は、水曜日の延長線にありつつ、週末が見えているので「がんばる」人が多い日です。本作業に最も集中できる日が水曜と木曜で、水曜日の延長で作業できている場合は終りが見えてきているか、佳境に入っている頃です。気持ち的には週末にワクワクする時で、イライラよりは穏やかな精神の人が多いです。

木曜日の特徴|よく起こること

木曜日によくあることは、以下の通りです。

  • 市場関連・花屋は木曜休みが多い
  • 水曜の延長で本作業に集中している
  • 株価や為替が落ち着かない
  • 仕事の成果が見えてくる事が多い
  • お酒を飲むのにちょうどよい
  • お金関連の話はしないほうが良い

株価、為替、市場などの変動に関連する事象があるため、一部の人は落ち着かない日ですが、週末が見えてきているので、精神的には余裕が出ていることが多いです。仕事でも、学校でも、水曜日までやっつけてきた達成感が最も感じやすい日で、作業が遅れていれば取り返すのにちょうどよい日です。

 

木曜日にもなると、金曜の夜や週末の日程も固まってきて、時には所定の出費が見えているケースもあります。このため、親にお願いごとをする場合は、木曜日は不適切で、月曜日や火曜日にしておくべきです。出費があるのが分かっている所に、追加で請求がくれば嫌がるのは当然です。タイミングが悪いです。

 

仕事の進捗や状況によりますが、終わりが見えてきていれば、お酒を飲むのにちょうどよい時で、最後の仕上げの手前まで持っていきつつ、バックアップとダブルチェックもしつつ、金曜日を無事に迎えることに徹しましょう。

せっかくのデータが飛んだ…、作業がムダになった…、全部やり直しになった…と絶望する金曜日を避けるために、木曜日をきちんと終えましょう。

 

木曜日に適した心持ち

木曜日は以下のような気持ちでいると良いでしょう。

  • 油断せず、作業に集中する
  • バックアップを大切にする
  • 市場の変化には早起きで対処する
  • 早起きが最も活かせる日
  • ゴールが見えてもゴールを決めない
  • ダブルチェックを大切にする

木曜日には、もう作業を完了できる場合も多いですが、このタイミングで一足早く報告をすると、よくない方向に物事が進むこともあります。早く仕事が終わったなら、と他の作業のヘルプに入らないといけなくなるとか、報告した次の日に、データがすっ飛んでたとか、致命的なミスに気づいたとか、ミスに気づいた人からの報告が金曜日に上がってきたとか…。

 

木曜日の段階では中間報告、という形にしておいたほうが、最後の最後に調整を入れやすいです。上司としては、部下や、部下の部下のミスが金曜日になって、しかも、木曜日に早めに上がってきたので上役に報告してしまった後に…とかだと厄介です。

 

大切な決断や報告ほど、あえて土日を挟んだほうが良い場合が多いです。しかも、本作業の影響でちょっと脳みそがみんな疲れている段階でもあるので、チェックを多めにして、金曜に報告、上にあげて、土日を挟んで、余裕を持って、双方月曜日のフレッシュな脳の時に最後のチェックをして動いたほうが無難かもしれません。

成果を急がないのは大切なことです。

木曜日攻略法

木曜日をやっつけるには、以下のような工夫をするとよいかもしれません。

  • 本作業の疲れが出ている可能性を疑う
  • 完成形ではなく、完成前の状態を見せる
  • お金の話は週初めにしておくこと(特に学生)
  • バックアップをしっかり取ること
  • 早起きすると効果が出やすい
  • 軽い飲みをするなら木曜が無難

前述の通り、成果を急がないほうがよいです。一週間のうち、誰がどうあがいても、あと1日、必ずあります。金曜日に、金曜日の役目を果たさせてやらないといけないので、木曜日は完成前の状態を確認できるようにしておきましょう。次週に既に持ち越し確定の場合には、その1週間をしっかり使いましょう。

 

金曜日の夜は、正直、自由に過ごして、さっさと寝て、週末を満喫したいという人が多いので、軽い飲み会するなら木曜日の方が良いです。ただし、作業の進捗が落ち着いている場合の話です。また、完成前の段階で、軽い飲み会をしつつ、深い所まで話ができれば、何か気づきがあった時に金曜日に修正できます。

 

木曜日までの作業を見返して、バックアップを取って、金曜日に報告、という形が良いでしょう。インターネット上、ツイッター上も、金曜ほどではないですが、余裕が見えてきている所なので、比較的穏やかです。

 

スポンサーリンク