火曜日のおすすめの過ごし方と特徴【平穏に暮らす】

曜日別ライフハック

火曜日は、月曜日の次に訪れる曜日で、成果が出る場合と、調整が必要になる場合がある曜日です。月曜日の仕事初めの憂鬱も乗り越えて波に乗り始める頃合いなはずなので、無理さえしなければやっつけられます。ただし、まだ火曜日なのか…と考えてしまうと、週末が最も恋しい曜日かもしれません。

火曜日の特徴|よく起こること

火曜日によく起こることは以下の通りです。

  • 美容院や車屋が定休日のことがある
  • 月曜日よりも仕事はしやすい
  • 肩こり・腰痛がきつくなりやすい
  • 転職に悩む人が増える
  • パッとしない1日になる人が多い

火曜日は、月曜日の勢いでそのまま仕事をできれば、ちょうど仕事の波に乗っている時でしょう。月曜の問題を片付けたり、月曜の成果が出てきたり、週末に向けて何かがスタートしていたりする事もあるはずです。

 

休日に休めた身体に鞭打って勉強・仕事をしたせいで、または、月曜日のゴタゴタに巻き込まれて、火曜日は寝不足がそのまま続いている、体調がいまいち優れないという調整日になるケースもあります。

 

そのため、月曜日はMAXで憂鬱、火曜日は月曜日よりはマシだけど、気持ちの整理をつけようとする人が多いので、その後の曜日や年度に向けての変化を考える人も増えます。このため火曜日に大きな成果が見えてくることよりも、火曜日は調整に活用される事が多いです。

 

火曜日に適した心持ち

火曜日を無難に過ごすには、以下の点を工夫するとよいかもしれません。

  • 月曜の憂鬱や疲れを持ち越さずに火曜をスタートする
  • 火曜は日程や作業の調整の日と割り切る
  • 変化が起こりやすい時だと割り切る
  • 成果を急がずに進む
  • 周りのペースを乱さないようにする

火曜日は、学校でも、職場でも、月曜日のゴタゴタや疲労感から回復しながら、次の作業や用意に徹する必要があるタイミングです。周囲のみんなも、あなた自身も、何かしら調整があると思って動いた方が、変動があった時にイライラしないで済みます。

 

土日、月曜日に溜まった仕事などを

  1. 火曜日に調整しながら・日程変更や予定を組んで
  2. 水曜、木曜でやっつけて
  3. 金曜日に成果確認と、月曜への引き継ぎ

という流れが、月曜スタートの人にはちょうどよいかもしれません。曜日ごとに役目を決めておくと、長期間のプロジェクトや受験勉強はうまくいきやすいです。

火曜日攻略法

具体的に、火曜日にやると良さそうなこと、覚えておくと役立ちそうなことは次の通りです。

  • 変化が起きるだろうと身構えておく
  • 後輩には適度に声掛けしておく
  • インターネット・ツイッター上は少し穏やか
  • 身体を冷やさない or 無理させない
  • 予定を立てるには最適

単独ミッション・単独の仕事であれば月曜日から飛ばしても良いですが、複数人で取り組む作業の場合は、月曜日の調整が火曜日に入るので、火曜日は予定を立てるには最適です。

 

月曜日の疲れや、月曜日に続く作業のため、火曜日はあまりツイッターやインターネット上がギスギスしていません。逆に、人があまりインターネットをやっていない、そんな時間的な余裕がないというケースが多いので、大切なライブ配信や、プレミア公開は火曜日にしないほうが良いです。

 

スポンサーリンク