水曜日のおすすめの過ごし方と特徴【平穏に暮らす】

曜日別ライフハック

水曜日は、ちょうど週半ばで作業が進行状態にあることが多く、仕事や学業もちょうど身体が慣れてきて波に乗りやすいタイミングです。この水曜日を休みにしていると、効率の良い週休3日制にできます。水曜日はひたすら集中して作業するのが最適な日で、何かを始めるのにも良い日です。

水曜日の特徴|よく起こること

水曜日によくあることは、以下の通りです。

  • 不動産屋が休みのことが多い
  • 各自が作業に集中している
  • 新しい事が始まる
  • 多くの人が比較的穏やか
  • 気を張れている
  • 作業効率が最も良い

月曜、火曜に、憂鬱なスタートと調整を終えて、いざ本作業に集中!というタイミングになることが多いです。どうあがいても、週の真ん中なのと、休み明けの身体の不調なども調整できていて、比較的精神的には穏やかに、各自の作業に集中できている事が多いです。

※月曜のような極端な憂鬱は、忙しさでかき消され、週末にワクワクするような期待の気持ちも一番薄く、精神面の起伏が少ない

 

週休3日制の人は、水曜日を半休、全休にしてしまって、その分、月曜日から猛ダッシュで作業する、というスタイルが効率的です。ただし、このやり方は人員の日程調整や業種を選ぶのですべての人に適したやり方ではないです。

 

頭が冴えており、気を張れている人が多いので、水曜日に営業の電話をしたり、ムダな時間を取らせる営業をしたりするのは、ビシッと断られるか、そもそも取り合ってもらえない(本作業があるのでそれどころじゃない)可能性があります。

 

水曜日に適した心持ち

水曜日をうまくやっつけるには、以下のような工夫をすると良いでしょう。

  • 火曜までに周囲(上司・部下)の動向を把握しておく
  • 作業の中断を伴うような邪魔をしない
  • 水曜の夜はゆっくり穏やかに過ごしたい人が多い
  • 作業に集中しすぎない
  • 次の月曜日を見越して動く

多くの人は、月曜、火曜で、それぞれのやることや予定ができあがって、突き進んでいる段階なので、それを妨害しないようにしましょう。特に、新人、新入生、新社会人なんかも、それぞれにやることがあって進んでいる日だと思いますが、ここで先輩や上司も同じく進んでいることを忘れずに動きましょう。

 

※例えば、木曜日に取引先に行くための前資料の作成なんかをしている上司がいれば、相談するタイミングは、せめて資料が出来上がってからの方が良いです。そもそも直属の上司の日程を把握していないといけないので、自分のことで精一杯だと、上司の対応が厳しく見えるかもしれません。もちろん、周囲の状況や流れが見えていないと、この判断そのものができないので、自分の予定も、他人の予定もある程度理解できるように、気遣いベースで動きましょう。

 

水曜日に作業に集中しすぎると、ランナーズハイ状態で、木曜日にやれば良い作業まで手を付けてしまうこともあります。体力を温存しましょう。水曜日に余力を残せば、部下の様子を気にかけておきつつ、水曜日の午後か、午前か1時間くらいは部下への相談対応や、他の事に使えます。大人や先輩の余裕を見せられます。

 

その分、来週の月曜日を見越して、木曜、金曜の過ごし方を決められるようにしておきましょう。ここで、金曜日の締めが見えていれば、あとは月曜日まで一直線です。残りはやるだけ、という状況を毎週続けられます。

水曜日攻略法

水曜日をやっつけるコツは次の通りです。

  • 字のごとく仕事も勉強も流れるように進める
  • 部下・上司の流れを見ながら動く
  • 集中しすぎず余力を残す
  • 次の週の月曜を見越して動く
  • 周囲のペースを乱さないようにする

水曜日は、多くの人が流れに乗っているタイミングなので、そのペースを乱さないようにしましょう。また、多くの人が本作業に集中できていて、その分、夜は疲れやすいので、お酒は飲みすぎず、食事はしっかりとり、早めに休めるようにしましょう。水曜日の夜の過ごし方で、木曜、金曜、そして、月曜日の充実度が変わります。

 

上司にとっては、部下に余裕があることを見せられるのが月曜、水曜、金曜です。物事が進んでいる最中に起こるさまざまなトラブルとその解決も水曜日に起こりうる仕事です。金曜日はどうしてもやりきれなかったことをやっつけるか、早めに終わらせて自由な週末になるかの分かれ道になる所で、水曜日の動き方で、どちらになるか決まるかもしれません。

 

スポンサーリンク