【2021年】トラクターとローバーの作り方・使い方|アストロニーア攻略【Astroneer1.18】最新版

アストロニーア

トラクター・トレイラーにはアルミニウム、混合物、大きなローバーにはアルミニウム合金、ゴムが必要になります。先にRTGを数個生産して移動式基地として、大きなローバー数台をつなげてしまえばだいたいなんでもできるようになります。




トラクターの作り方(1000バイト)

トラクターを製造するには

  • 研究1000バイト
  • アルミニウム2個

が必要です。主に牽引専用車両で、トレイラーや中型ローバーを数台引っ張るくらいはできる感じです。引っ張るだけ、移動するだけと考えたほうが良さそうです。

 

トレイラーの作り方(1500バイト)

トレイラーを製造するには

  • 研究1500バイト
  • アルミニウム1個
  • 混合物1個

が必要です。中型スペースが1つあり、電気のコードで連結できるため、トラクターへの電源供給も可能です。その星の最深部に片道切符で掘り進めたい場合などにトラクターの先端にドリル、トレイラーに電源みたいな感じで使っても良さそうです。

 

中盤の大きい研究材料拾いにも便利です。トラクターの先端にオーガニックで発電できる小型発電機(混合物1個)をつければ電源に困ることもないです。

 

バギー(1500バイト)

バギーを製造するには

  • 研究1500バイト
  • 混合物1個
  • アルミニウム1個

が必要です。トラクターの上位互換版のようなもの。そこらへんをスピーディーに走り回るのにおすすめ。

 

 

中型ローバー(3750バイト)

中型ローバーを製造するには

  • 研究3750バイト
  • プラスチック1個
  • ゴム1個

が必要です。1人乗りのローバーシートと合わせて使用します。中型スペースを2つ使用できるので、中型ローバー4つ連結すると8箇所自由に使えるスペースができます。使い方はトレイラーと同じ。

 

大きなローバー(5000バイト)

大きなローバーを製造するには

  • 研究5000バイト
  • アルミニウム合金2個
  • ゴム2個

が必要です。大きなローバーには中型スペースが上に4個、前後に2個ずつの合計8箇所あります。連結すると中型スペースが連結部分のみなくなりますが、大型シュレッダーなどを載せられます。

 

製造コストはそれほど高くはないので、研究5000バイトと化学実験室さえ用意できれば早いうちに製造可能です。

 

大きなローバーは3つ、4つくらいは連結して走れます。電力次第なのでRTG1つで、電源満タン状態の大きなローバーを2つは引っ張れる感覚で良いかと思います。

 

Astroneer公式サイト:https://astroneer.space/

スポンサーリンク