素材集めに役立つPixabay【動画が地味に多くて助かる】画像も大量|Instagramストーリーにも活用

ぶっちゃけシリーズ,上林流仕事術,個人日記,公開情報,情報ソース

動画でのアピールが当たり前になってきている昨今、良い感じの動画素材で、かつ、他とあまりかぶらないムービーを見つけるのは難しいです。無料で、十分な画質で利用できる動画素材はPixabayのものを利用させていただいています。Pixabayは写真だけでなく動画素材も充実してきているので、一度のぞいてみてはいかがでしょう?

使い勝手のいい無料動画素材

まずは「Pixabay」と検索して出てくる公式ページ(こちら)へ行きましょう。そのページにて会員登録していなければ先に会員登録、ログインしてしまいましょう。

 

カテゴリ「動画」を選ぶと何かと使い勝手の良さそうなショートムービーが表示されます。基本的に横長、8秒から60秒くらい、横幅1920pxくらいの動画がまとめられています。

 

こちらは「動画」のカテゴリで「space」と検索した結果です。英語で検索したほうがヒット数が多い感じがします。

 

【動画検索ページ】

https://pixabay.com/ja/videos/

 

動画の背景がちょっと欲しい方、iPhone11のダイナミック壁紙を作りたい方、ナレーション中の挿し込みに使いたい方、用途はいろいろありますが、これだけあればだいたいは困らないと思います。

 

Pixabay素材集めCanvaでショートムービー

なかなかいい感じの動画素材って作れないものですが、Pixabayの動画を頼って、Canvaで編集、Instagram向けのストーリーを作るくらいの事はできます。

 

15秒未満のショートムービーにできればリールでも、Tiktokでも、Tangiでもだいたいどこでもそのまま応用できますので、うまく活用しましょう。

 

出典を明記すると安心

PixabayでCC画像を使っているというのは、最近では分かると思いますが、やはりこういうところには稀に許可されていないものがアップされていることがあります。

 

それを私たちブロガーや一般ユーザーが知る方法はほとんどないので、どこで入手したか明記しておけば、著作権者もそちらの配布サイトとしてのPixabayに申し立てなどをすることとなります。

 

もちろん、知らずに使った者に請求する権利は著作権者にはありますが、出典が書かれていれば引用とすることも、責任の所在がPixabayにあったことも言えるので、面倒でも出典は書いておきましょう。

 

作者へのリスペクトを忘れずに。

 

スポンサーリンク

blank