薬局のパルスゼロメーターは使えるのか検証した【測定に問題はない】株式会社オムニ|OMHC-CNPM001

公開情報,情報ソース

サンドラッグで3000円位で売っていたパルスオキシメーターならぬ「パルスゼロメーター」を買って使ってみましたが、特段測定値に問題はありませんでした。型番OMHC-CNPM001、株式会社オムニの血中酸素飽和度と脈拍、脈拍強度、PI値を測定できます。採血不要なので手軽に測定できます。

測定には問題ない|一応使える

購入後、早速測定してみました。いきなり96とちょっと数値低めですが、脈拍、SpO2ちゃんとおおよその計測できています。

 

全力で呼吸を止めて、呼吸を小さく小さくすると数値を下げれます。正常値は99~96%です。

 

指を外せば数秒で電源OFFになります。

 

パルスゼロメーターの使い方

まずは指を挟んでください。

 

その後電源を入れると測定が自動で始まります。

 

電池交換(単4電池2個)

単4電池は100円ショップの電池で大丈夫です。

 

サンドラッグ青沼店で買いました

サンドラッグで税込2948円で購入しました。最初はこんな小さいのでいけるのかなぁと不安でしたが、ちゃんと呼吸止めたら数値下がるので偽物ではないにしても、医療機器とも言い切れず、ちょうどいい健康測定器具といった感じでしょう。

 

パルスゼロメーター商品詳細

今回検証した計測機器の詳細は以下の通りです。

  • 商品名:パルスゼロメーター
  • 型番:OMHC-CNPM001
  • サイズ:約55×30×23mm
  • 重量:25g
  • 電圧:DC3V
  • 使用電池:単4乾電池2本
  • 製造国:中国
  • 発売元:株式会社オムニ
  • 測定範囲|血中酸素飽和度:50~100%
  • 測定範囲|脈拍数:30~250bpm
  • 測定範囲|灌流指数:2.5~20%

※灌流指数:血液の巡りの良さの指数。

注意事項

同じ箇所への5分以上の連続使用は避け、1ヶ月以上の長期間使用しない場合は電池を抜いておき、10度~40度が環境温度です。あくまで健康管理のための目安を測定するもので、医療機器ではありません。

 

出典・参考

パルスオキシメーターの原理|コニカミノルタ

https://www.konicaminolta.jp/healthcare/knowledge/details/principle.html

 

スポンサーリンク