窓を開けっ放しで寝ない方が良い【一人暮らしのヒント】

一人暮らしのヒント

一人暮らしをはじめて夏、暑さ故に窓を開けっ放しで眠る方もいるかと思いますが、網戸しかない状態の窓は侵入者を防げません。カギが掛かっていなければ入ってこれてしまうので、警戒しましょう。侵入者は人だけでなく、ゴキブリ、ムカデ、蚊、コバエなどいろいろです。

開けっ放しの窓と危険性

窓を開けっ放しにすると、夏場は風が通るので涼しくなりますが、侵入者が入ってくる危険があります。

 

2階に住んでいても、窓から不審者が入ろうとしてくることがあります。アパートでもマンションでも、頭の狂ってる連中は、わざわざ脚立を用意していたり、まさかそんな所から、という方法で侵入を試みます。女性は特に気をつけて対策をして欲しいです。

ALSOK|マンションでも窓を開けて寝るのは危険!効果的な対策は?

参考:https://www.alsok.co.jp/person/recommend/186/

 

網戸のロックをかけるとか、出典にあるようにALSOKロックをつけるとか、網戸が開かないようにつっかえ棒をするとか工夫すると少し安全性が上がります。何の対策もされていない網戸は、勢いよく開けたり、ゆ~くりと静かに開けたりすると即座に対処できない場合が多いです。

 

窓を簡単に開けられない、開けようとしても大きな音が出るなど、少しでも侵入妨害になる要素を作ることで、通報したり、逃げたりする時間を確保できます。

 

ゴキブリや蚊の侵入

網戸のままだと、実は昆虫類は侵入し放題です。網戸の下のレール部分はハマっているだけなので、レールに結構な隙間があります。網戸の四方、隅っこの部分は汚れや水を逃がすための隙間があって、そこからも侵入し放題になります。

 

お部屋の中からいい香りがしていて、屋外から虫を引き寄せてしまっていると、入ってきます。キッチンの近くの小さな窓でも、人が絶対入れないサイズだからと油断していると、ムカデやゴキブリなんかは平気で通過してきます。

 

基本的に、開けっ放しはしないようにしましょう。

どうしても窓を開けたい場合は

どうしても夏場に窓を開けっ放しにしたい場合は

  • 防虫網
  • 補助錠
  • 虫除け

などを活用して、網戸をかんたんには開けられなくし、虫よけの網戸にして、不審者も虫も入ってこれないようにしましょう。虫よけになるハッカ油などを活用するのもおすすめで、窓の外側をきれいに掃除しておくのも一つの方法です。

 

スプレータイプの虫除けスプレーや害虫駆除スプレーも用意しておきましょう。蛾やウスバカゲロウなんかは、部屋から漏れ出る光に寄せられて、網戸に羽を休めにきてしまうので、殺虫スプレーがあれば、ひとまず退治できます。ただ、網戸にちょっと止まっていくくらいは許してあげてもいい気はします。


ごくまれに、野良猫なんかが網戸をゲシゲシしていくことがあります。そうすると網戸がボロボロになって、猫が部屋に侵入…なんて場合もあります。猫ならまだかわいいですが、地域によってはハクビシンとか、ドブネズミとか、タヌキがやってくるので、笑い事では済まなくなります。

 

スポンサーリンク