Twitter広告の「プラットフォーム」とは?使い方解説

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...

Twitterの「プラットフォーム」とは、Twitterがどこでどんな端末、アプリで利用されているかを理解するのに役立つものです。パソコンで使う人、iPhone、Androidで使う人、公式サイトへの埋込、サードパーティーのTwitter管理アプリなど、Twitterを使える環境やソフト、アプリをプラットフォームと呼ぶと考えておいて良いでしょう。

 

 

端末ごとの違いを選べる

Twitter広告のオーディエンスプラットフォームを選ぶと、iOS、AndroidOS、パソコン、サードパーティー端末などTwitterが動く端末ごとの違いを選べるものと思っていると良いでしょう。

 

 

Twitter以外への広告表示もできる

Twitterを介してウェブサイトやアプリを訪れた方にも広告を表示させられるとのことで、Twitter連携サービスや他のアプリケーションなどにもアプローチできます。より戦略的に、スマホアプリのダウンロード数アップやウェブサイトへの訪問数アップ&コンバージョン向上に貢献してくれそうです。

 

 

アプリの紹介に役立つ機能

あなたがiOSアプリを配信している場合は、制作したアプリの広告をiOS端末を使用しているユーザーのみに表示する必要があります。iOSアプリをAndroid端末に入れる事はできませんので、プラットフォームで広告を表示する人を絞り込むのがベストです。ウェブサイトよりはアプリのインストール数アップに役立ちそうです。

 

 

写真や動画編集アプリがおすすめ

Twitterに投稿する時に使える、Twitterでの写真や動画共有がもっとお手軽になるようなアプリを作って配信する時に、このプラットフォームで広告表示する人を絞り込むことになるでしょう。Instagramほどのフィルター機能はTwitterにはないので、軽くサクサク編集できる画像編集アプリがあるとDL数は伸びそうです。

 

ゲームアプリもおすすめ

Twitterユーザーには、ソーシャルゲーム利用者も多いようですので、略してソシャゲを楽しんでいる人に限定し、プラットフォームも絞り込んで、作ったゲームと同じカテゴリのゲームが好きな方を絞り込みして広告を表示すると、クリック数やダウンロード数は高まるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください