イボ取りにおよそ成功した話・写真付き【スピール膏|たぶん軟性線維腫】自分でイボ取りできた

公開情報,情報ソース

上腕内側に白い米粒くらいのイボができた。実害はないし、ウイルス性いぼでもないようで、医者に行くのもめんどくさい、勇気があれば爪切りで、と思ったが勇気は出ず、悩んだ結果、薬局サンドラッグで入手したスピール膏を2週間くらい使ったらイボ取りが成功したので、そのご報告。

結論

本音と建前を混ぜて話すと、とりあえず医者に行っちゃったほうが楽だったかもしれない。たぶん1日、2日で施術は終わってあとは待つだけだったと思われる。

 

ただ、今回、私、完全夜型人間なため、起きている時間に皮膚科がやってない、こんな小さなイボのために時間ずらして早起きして行くなんてヤダ、負けた気がするということで、自身でのイボ取りを敢行。本来は皮膚科に行くのが最適解だが、なんとかなったのでご報告とさせて頂きます。

 

購入したのはスピール膏

イボ取りに効くらしい製品は複数あったが、私が選んだのはスピール膏。理由は皮膚科が運営するウェブサイトで、スピール膏は一定の効果が期待できる場合があると書かれていたためです。

 

また、私、多少化学と生命系に関係する大学出ているのもあり地味に無駄に知識はあって、内服薬は、私のタイプのイボにはおそらく意味はないだろうと勝手に判断。

イボの状態と分析

右上腕内側にできたイボ

まず、右上腕の内側、ちょうど半袖がぶつかるくらいの位置に白い米粒くらいのイボが発生。身体の他の部位、首、足、陰部その他にはイボはなく、ここだけにイボが発生。ウオノメやタコなどはない。最近ちょっと日本酒をいっぱい飲んでたし、少し太ったけど健康である。タバコはしない。持病はない。

 

イボそのものをよく見ると、イボの先端が角質が剥がれていっている感じで、まるで地球のプレートが山を形成しているかのような盛り上がりを見せていた。そう、あの時、私の腕には富士山があった。皮膚が時とともに変化を始め、プレートと化した皮膚は皮膚高く山を形成しようとしていた。そんな感じだった。

 

黒くなく、丸くはなく、ウイルス性イボのそれとは状態が違う(気がした)。皮膚深く広がっているわけではなく、とにかく外側に伸びてきているだけであった。痛みはなかった。痒みもない。お風呂上がりにイボが脇に触れると少し気になる程度で実害はなかった。

 

スピール膏使用開始

中に入っていたのはこんな感じ。

 

スピール膏のサリチル酸メインのものをカットして、白い輪っかのシールを貼って、肌色の保護テープ重ねて数日放置という感じ。

 

使用から4日経過

右上腕内側にできたイボの経過4日目

使用後4日ほど経過した時はこんな感じ。既に先端のバサバサしてた表皮、角質層の余計な所は取れ始めてる感じであったが、まとまってポロッと取れる感じではなかったので使用を継続。

 

使用から10日ほど経過

右上腕内側にできたイボ経過10日目

10日ほど使用したのがこんな感じ。少しスピール膏を大きくカットしすぎたようで、イボの周囲まで肌が弱い感じになっていたので、一度貼り付けるのをやめ、肌の再生を待ってから、スピール膏を再度使用することにしました。

 

使用から2週間経過

右上腕内側にできたイボ快癒に向かって

写真では若干出っ張りが残っているようにも見えますが、これかさぶたです。皮膚の再生に伴って、イボがあった周囲の、サリチル酸でちょっと余計に可溶化しちゃった皮膚も再生してきて、気になっていた出っ張りはなくなりました。肌荒れの状態もだいぶ良くなってきています。

 

ただ、若干水ぶくれみたいになっているので、もうしばらくスピール膏を使用する必要があるかと思います。

改善点・注意点

今回の、私のイボの場合は扁平に皮膚から天高く山を形成するかのようなイボだったので、最初広めにスピール膏を貼りましたが、出っ張りがなくなったあとは、イボと同じかイボより少し小さいくらいのサイズにカットして使っても十分、スピール膏の可溶化作用に期待できると思います。

 

おそらく、この調子で肌荒れに注意しながら使用を続けていけばイボそのものはなくなって、かさぶただけになって、治って終わると思います。

 

かさぶた、または、変な傷のようになった場合は、キズパワーパッドかなんかを使用して治癒力に頼ります。

スポンサーリンク