WordPress高速化&セキュリティ強化できるプラグインの組み合わせ紹介

WordPressの高速表示を実現しつつ、セキュリティを強固にするプラグイン選択、プラグイン設定の研究がひとまず完了しましたので、ここにまとめます。計測にはPageSpeedInsights、GTMetrix、Test My Site、WEB担当者フォーラムブックマークレットを使用しましたが、データはPagespeedだけ載せてます。EWWWなど31個のプラグインを稼働した環境でのテスト結果です。

 

当サイトのこのページの計測データ

このページは、プラグイン31個、セキュリティプラグインガッツリ、テーマSoSimple、AMP、PWA対応させていて、エックスサーバーにあります。

 

現状、セキュリティガチガチにして、テーマにこだわらずに出せる最速はこんな所です。工夫すればもうちょっと早くなりそうですが、コンテンツを削るか、広告を貼らないかという選択肢になるので、しょうがないといいますか、誤差の範囲ですね。

 

「ワードプレス 高速化」上位サイトの測定データ

以下のデータは、午後9時にシークレットモードで検索した結果の順位に基づいて上から順に測定させていただきました。高速化について書いているのだから、ある程度は早いのだろうという認識で研究させていただきました。他意はありません。晒し上げるつもりはないのでサイト名は伏せます。勝手に測定してゴメンね。

高速化の話ししてるのに、そのページが早くなかったら意味ないですよね。たまたま重いだけかもしれないですが。

avatar

 

PageSpeedInsights計測結果

1位:モバイル16 PC50

はてブと被リンクが多いので上位にいるようですが、高速化を語れる状況ではなさそうです。レンダリングを妨げるリソースが広告等なら、まぁ仕方がないですが、次世代フォーマットの対応やオフスクリーンなど対応してないので、最初に作ってしばらく放置してる感じですかね。メンテナンスが必要です。

 

2位:モバイル67 PC96

WordPressの高速化にうまくいっていると判断して良いでしょう。次世代フォーマットでの画像配信に対応してないですが、経験上この場合、EWWWを入れると重くなるパターンだと思います。セキュリティ設定は…。

 

3位:モバイル46 PC92

遅延読み込みさせていないか、広告のせいで遅延読込できなかった感じだと思われます。いうほど早いわけではなく、普通かなと思います。もっと早くできます。直すべき所が分かりやすくていいですね。

 

4位:モバイル65 PC82

次世代フォーマットでの画像配信ができていませんが、モバイル、PCともにスコアは良さげです。モバイルで60スコアを超えているのはかなり良いと思います。たぶんEWWWは導入したほうが良いと思います。一時的にスコアが下がったとしても、その方が体感での早さが変わるはずです。

 

5位:モバイル49 PC91

2位、3位のサイトと大差ない感じです。やっぱり広告を貼り付けると重くなってしまいますね。これは仕方がありません。こんなもんだと思います。モバイルで80、90のスコアが出るのは広告を外してセキュリティもゼロにした場合かなと思います。




WordPressの高速表示のためにやっていること

1.画像をスマホ表示向け横幅300pxに統一

MFI(モバイルファーストインデックス)適用されているサイトは、スマホでの表示速度などを重視しますので、画像のサイズはスマホに対応させました。

 

PCで見てもギリギリ画像があるな、と見えるくらいのキリの良い横幅300pxに統一しました。

 

アイキャッチ画像はAMPにしないので横幅500pxです。

 

2.AMP(AMP for WP)表示をOFFにした

このページではAMPページの出力もできますが、プラグインを使用してリダイレクトでAMPにするため、どうしても重くなります。静的ページで出したとしてもリダイレクトするのは変わらないので、もういいや、ってことでAMPをOFFにしました。

 

大元のテーマが真っ白シンプル重視のテーマなので、それだけで十分速度は早いです。AMPページにするとデザインがダサくなって、ページスピードも落ちます。いろいろ読込させ直すので速度が遅くなってしまいます。

 

カテゴリページやタグページはAMPの方が早いです。

 

3.EWWW Image Optimizerを導入

EWWWで画像をWEBPにするのと、画像サイズの圧縮、最適化をしています。当ページで使用しているのは、私自身の謎のこだわりによりPNG形式でアップロードして、EWWWでWEBPにしています。画像サイズがそもそも小さいのでそんなに重さは感じないかと思います。

 

JPGにしたらちょっと早くなるかも。しないけど。PNG好きだもん。

avatar

 

AutoOptimizeと一緒にするとダメです。他の画像圧縮プラグインとは混在させない方が良いです。「Compress JPEG and PNG Image」プラグインとも一緒にしないほうが良いです。

 

4.WP Fastest Cashe Premiumを導入

キャッシュプラグインは「WP Fastest Cashe」が断然良かったです。少なくとも私のサイトの環境ではこれが一番相性が良かったです。ただし、無料版は役に立ちませんでした。5000円位で購入できるPremiumじゃないと十分な効果を発揮しません。

 

EmojiみたいなやつはONにすると誤作動起きるのでOFFにしてます。

 

※ドメイン下に、Wordpressで管理していない別のページが有ると、そのページが文字化けします。ドメインの中にWordpressで管理していないLPやペラペラのページを入れる場合は、このキャッシュプラグインは使えません。

 

5.A3 Lazy Loadを導入 

遅延読込させられるプラグインです。以前は他のLazy Loadプラグインを使用していましたが、更新されないので最新で、かつ、更新があるプラグインとしてA3 Lazy Loadを選びました。

 

動画や画像、読み込みする縦幅などPreload数値設定もできるので結構便利です。無料プラグインなので結構優秀です。

 

有料テーマと合わせて使うとなぜかスピードが落ちます。たぶん競合するんだと思います。有料テーマはダメじゃないですが、他のプラグインとの合わせ技に使えないのでちょっと個人的にはおすすめできないです。使ってもいいけどね。

 




使用しているセキュリティプラグイン

セキュリティプラグインについては本来公開すべきではないので、私が勝手に付けている「二つ名」だけ記載します。察してください。また、下手に変なアクセス(SQLインジェクションとか)しようとするとブロックした上に、即通報ですので、ご注意ください。

1.入口を守る例の盾

これは入り口を守るやつで、たぶんみんな使ってます。P3で測定すると8%から12%くらいを占めてしまうこともありますが、欠かせないのでしょうがないです。

 

2.別の名を与える例のあれ

入り口の鍵の一つが見えてしまう例のあれを変えてくれるものです。実は1番目の盾もちょっと工夫すると覗けてしまうのですが、機械的なランダム攻撃などへの対処はできるので設定しておかないと手間が増えます。

 

3.古いけど優秀でシンプルなあの子

知らない人が多いかと思いますが、シンプルで、古くて、でも、ちゃんとブロックできる優秀な子です。これがあればホスト単位、ユーザーエージェント、ドメインなどでブロックできるので手動対策に役立ちます。

 

4.わんこの鉄壁

SQLインジェクションやその他の攻撃をガッツリと防いでくれる子です。青い盾の無料版の方でも十分似たような力を発揮してくれますが、ログをチェックしやすいので、こちらがおすすめです。

 

5.例の黄色の盾

そんなに重ねて入れて大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、この黄色い盾にしかない機能に用があります。競合を起こさないようにしつつ、ファイルの変更をされないようにするにはこの子が助けになってくれます。

 

6.盗用を知らせるやつ

コピー脅威を知らせてくれる子です。コンテンツの盗用もセキュリティで守るべきことです。何をコピーしたのか、どこの誰がコピーしたのか予測する材料が手に入るのは大切です。知らなければやられっぱなしですので。

 

7.その他2つの守護魔法

他の2つの魔法については言えませんが、まだ入ってます。結構強めに防いでいるのではないかと思います。たいていはそんなに入れてたら重すぎてダメになるだろうと思いますが、このページはそこまで重すぎではないと思います。

 




 

工夫次第でもっと早くできる

実は広告のアニメーションや自動広告が一番速度向上に厄介な存在です。管理者側で広告を制限できるわけではないので、設置数を減らすか、自動広告を辞めて、全て手動で最適化した場所に貼るか、どちらかですね。

 

セキュリティをがっつり設定した上で、さらに早くできそうです。

 

基本、有料テーマは重いです。シンプルな無料テーマを、シンプルにアレンジするのが一番かなと思いますよ(`・ω・´)ゞ

avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA