マンニトール

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

マンニトール(Mannitol)は、化学式C6H14O6、モル質量182.17g/mol、LD50:810g(体重60kgの場合)で、経皮・吸入毒性、皮膚刺激、目刺激、変異原性、生殖毒性、発がん性、生態毒性、生態環境有害性などはなく、 ...

スクラロース

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

スクラロース(Sucralose)の1日の安全摂取量は0~15mg/kg体重で、体重60kgの人の場合は900mg程度と、比較的安全性が高く、遺伝毒性・発がん性・催奇形性の他、動物毒性なども報告されておらず、一般常識的な用量でのスクラ ...

マルチトール

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

マルチトール(Maltitol)は、化学式C12H24O11、モル質量344.31g/mol、非常に水に溶けやすい天然にも存在する甘味料(糖アルコール)で、遺伝毒性、発がん性、催奇形性などはありませんが、胎児の発育遅延・体重減少を起こ ...

人工甘味料の種類と分類

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

日本で認可されている人工甘味料をまとめています。基本的に健康に害はない甘味料で、中には天然にも存在していて、効率化のために工業的にも生産されている人工甘味料もあります。人工甘味料の名称や分類を医学、化学の分野から分類しています。

ソルビトール

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

ソルビトールは天然の果物にも存在する糖アルコールの一種で、毒性、遺伝毒性、変異原性、発がん性などはなく、むしろ抗がん作用があることが確認されています。虫歯になりにくく、カロリーにもならず、腸管からも吸収されないため、糖尿病患者向けの食 ...

ネオテーム

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

ネオテームの1日の安全摂取量(ADI)は1mg/kg、体重50kgの場合0.05g/kgで、腸内細菌への影響などはあるものの、遺伝毒性、発がん性などは報告されていませんが、構造内にL-フェニルアラニンが含まれ、影響はないとされています ...

サッカリン

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

サッカリンの1日の安全摂取量(ADI)は3.8mg/kg体重(体重50kgの人で190mg=0.19g)とされており、ヒトにおいて、毒性や発がん性、遺伝毒性はありません。サッカリンナトリウム、サッカリンカルシウムとして原材料記載されて ...

アセスルファムK

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

アセスルファムKは微量であれば身体に異常は引き起こさない人工甘味料ですが、1日の安全摂取許容量0.45g以上(体重50kgの人)の摂取は、アセスルファムK過剰摂取によるDNA損傷のリスクがあるため、これを多く含む清涼飲料水や甘いコーヒ ...

アドバンテーム

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

アドバンテームは、発がん性なし、変異原性なし、毒性なしとの研究結果が報告されていますが、ショ糖(スクロース)の20000倍の甘さがあるため、大量摂取は甘すぎて受け入れられず、1日の安全許容量は0~5mg/kg体重です。腸管から吸収され ...

エリスリトール

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

エリスリトールは、トウモロコシなどのでんぷんを発酵して生産される甘味料で、毒性、遺伝毒性、変異原性、発がん性はなく、飲料に対しては1.6%(16g/L)までは安全含有量とされており、一般的な食品添加物としての危険はありませんが、まれに ...

アスパルテーム

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

アスパルテーム(Aspartame)の安全摂取量は体重50kgの人で1日2gまで一般的な食品・飲料に含まれる量では危険はほとんどありません。アスパルテーム化学式中にあるメタノールの安全含有量は、食品衛生法では1mg/mlで、実際に50 ...

Thumbnail of post image 109

公開情報,化学,情報ソース,食品添加物

ぶどう糖果糖液糖は、グルコースとフルクトースをおよそ1:1の割合で含む食品添加物で、1日の砂糖添加物上限摂取量以上の過剰摂取をすると身体に問題が起こる可能性が高まりますが、通常の摂取ではそれほど危険性はありません。過剰に危険性を煽るの ...

Thumbnail of post image 142

公開情報,化学,情報ソース

ここでは、ALC-0159:2--N,N-ジテトラデシルアセトアミド単体の構造や化学式などの性質について解説しています。特例承認医薬品「コミナティ」に含まれている添加物で、筋肉注射に使われているものです。

概要「ALC-0159 ...

Thumbnail of post image 074

公開情報,化学,情報ソース

ここでは、DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン単体の構造や化学式などの性質について解説しています。特例承認医薬品「コミナティ」に含まれている添加物で、筋肉注射に使われているものです。

概要「DSPC ...

Thumbnail of post image 043

公開情報,化学,情報ソース

ここでは、ALC-0315:ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)単体の構造や化学式などの性質について解説しています。特例承認医薬品「コミナティ」に含まれている添加物で、筋肉注射に使われているものです。

Thumbnail of post image 042

公開情報,化学,情報ソース,探求シリーズ,生物

学生の研究レポート向け「川をきれいにする方法」を学術的に研究、公的機関の発表などから正当な方法をまとめてあります。執筆者は山梨大学工学部生命工学科という生命系を卒業しており、その道には多少の理解があります。都市伝説や誤ったデマに惑わさ ...