No Image

ダイエットや脂肪の燃焼をしたい方々向けに、アカデミックな「脂肪の代謝」に関する内容を少し噛み砕いて説明します。お腹周りの脂肪等をなくす前に、なぜ脂肪が蓄積 ...

Thumbnail of post image 182

本稿は、世間を賑わすALPS処理水、汚染水とは何なのか、また、ALPS処理水の海洋放出による化学的・物理的・生物的な影響はどの程度考慮されていて、数十年、 ...

Thumbnail of post image 064

2023年4月27日

チルアウト(CHILL OUT)はリラクゼーションドリンクとして自販機で210円で買える炭酸飲料で、ヘンプシードエキスは入っていると記載されていますが、危 ...

マンニトール

2023年6月4日

マンニトール(Mannitol)は、化学式C6H14O6、モル質量182.17g/mol、LD50:810g(体重60kgの場合)で、経皮・吸入毒性、皮膚 ...

スクラロース

スクラロース(Sucralose)の1日の安全摂取量は0~15mg/kg体重で、体重60kgの人の場合は900mg程度と、比較的安全性が高く、遺伝毒性・発 ...

マルチトール

2023年7月13日

マルチトール(Maltitol)は、化学式C12H24O11、モル質量344.31g/mol、非常に水に溶けやすい天然にも存在する甘味料(糖アルコール)で ...

人工甘味料の種類と分類

日本で認可されている人工甘味料をまとめています。基本的に健康に害はない甘味料で、中には天然にも存在していて、効率化のために工業的にも生産されている人工甘味 ...

ソルビトール

ソルビトールは天然の果物にも存在する糖アルコールの一種で、毒性、遺伝毒性、変異原性、発がん性などはなく、むしろ抗がん作用があることが確認されています。虫歯 ...

ネオテーム

2023年6月4日

ネオテームの1日の安全摂取量(ADI)は1mg/kg、体重50kgの場合0.05g/kgで、腸内細菌への影響などはあるものの、遺伝毒性、発がん性などは報告 ...

サッカリン

2023年6月4日

サッカリンの1日の安全摂取量(ADI)は3.8mg/kg体重(体重50kgの人で190mg=0.19g)とされており、ヒトにおいて、毒性や発がん性、遺伝毒 ...

アセスルファムK

2023年6月4日

アセスルファムKは微量であれば身体に異常は引き起こさない人工甘味料ですが、1日の安全摂取許容量0.45g以上(体重50kgの人)の摂取は、アセスルファムK ...

アドバンテーム

アドバンテームは、発がん性なし、変異原性なし、毒性なしとの研究結果が報告されていますが、ショ糖(スクロース)の20000倍の甘さがあるため、大量摂取は甘す ...