Thumbnail of post image 102

学生の研究レポート向け「川をきれいにする方法」を学術的に研究、公的機関の発表などから正当な方法をまとめてあります。執筆者は山梨大学工学部生命工学科という生命系を卒業しており、その道には多少の理解があります。都市伝説や誤ったデマに惑わさ ...

Thumbnail of post image 034

5-アミノレブリン酸(5-ALA|Amino Levulinic Acid)は、モル質量131g/mol、化学式C5H9NO3、CAS106-60-5で、ポルフィリン(環状有機化合物|ヘム合成やクロロフィル合成に役立つ)合成経路の起点 ...

Thumbnail of post image 166

血液が作られる仕組みから、献血前後に食べると良い「血液を増やす」のを助ける「食べ物」を栄養面・科学面からまとめました。山梨大学工学部生命工学科を卒業した生命系知識も思い出しつつ、個人的にも、ひとまず献血後に食べたいものをまとめる目的で ...

Thumbnail of post image 176

フライドポテトやポテトチップスに含まれているアクリルアミドが危ないから、マクドナルドのフライドポテトは食べてはいけないという論調を見かけましたが、科学的根拠を記載している記事がほぼなかったので、学術論文や最新の研究を調べてまとめておき ...

Thumbnail of post image 096

殺菌、漂白目的で使用される次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用のものは3%~8%程度の濃度で使用されることが多いです。継続的な手指皮膚への使用、目への混入、肺からの吸入など誤用すると健康被害を起こすことが分かっていますので、使用には専門家の ...

Thumbnail of post image 107

ものすごくおいしいのですが、バラムツ・ハダカイワシ・アブラソコムツなどの魚には、人間では消化できない不飽和脂肪酸ワックスエステル(R1COOR2)なるものが多く含まれており、食べ過ぎると悲惨なことになり、社会的に苦しい立場に追い込まれ ...

スポンサーリンク

Thumbnail of post image 145

タピオカの原料はキャッサバ(学名マニホット・エスクレンタ(Manihot esculenta))です。キャッサバはトウダイグサ科の植物で、タピオカはその根っこを粉末にして作るものです。キャッサバの粉はとろみを付けるためのお菓子の原料と ...

Thumbnail of post image 068

コカ・コーラを代表する茶色の清涼飲料水などに人工の添加物・色素として使われているカラメル色素は、日本では食品には使用できないですが、飲み物には色つけ、苦味の追加などの目的で少量添加されます。カラメル色素にはⅠからⅣまでの4種類があり、 ...

Thumbnail of post image 157

水飴やガムなどに含まれている還元麦芽糖はマルチトールとも言われており、通常のグルコースより7倍ほど甘い甘味料としてよく使用されます。酸化の逆、還元して麦芽糖(マルトース)の構造を取らせているものですが、マルチトールは腸管から吸収されに ...

Thumbnail of post image 200

ドロマイトは海産鉱石のひとつで、カルシウム:マグネシウム=2:1で配合されている物質で、グルコサミンサプリメントにも主要成分として含まれています。鉱石として扱われるものですが、食品添加物としてカルシウム、マグネシウム補給に追加されます ...

Thumbnail of post image 054

1970年頃にアメリカのモンサント社が開発したラウンドアップ:除草剤グリホサートは2015年3月にWHO世界保健機関のIARCで発がん性が認められたとされ、食品安全委員会、EFSA評価では発がん性は人に対してはないとされています。その ...