Thumbnail of post image 198

「エビまみれ」カップヌードルは、通常のカップヌードルに比べると約10gほど量が減っていて、入っているエビの量は約20個前後、さっぱりした薄味になっていて通 ...

Thumbnail of post image 042

謎肉まみれカップヌードルは、謎肉から出る濃いめの味が強く、通常のカップヌードルより味が濃い印象がありました。ただ、謎肉の肉汁が少しこってりしていて、冷めて ...

Thumbnail of post image 069

イカまみれシーフードヌードルには、カニカマはなく、タマゴや野菜も少なく、ザク切りの薄いイカがたくさん入っており、通常のシーフードヌードルよりも味が濃く感じ ...

Thumbnail of post image 016

病気も持病もなく、原因もよく分からず、なんとなく体調が悪いのには多くの場合、原因があります。西洋医学的な対処より、東洋医学的な視点で対処すると解決すること ...

Thumbnail of post image 153

2023年4月27日

チルアウト(CHILL OUT)はリラクゼーションドリンクとして自販機で210円で買える炭酸飲料で、ヘンプシードエキスは入っていると記載されていますが、危 ...

Thumbnail of post image 105

2022年11月10日

スーパーカップの「スーパー合体シリーズ2」のカップ麺が4種類販売されていたので、それぞれ食べてみました。単体でもおいしいものをMIXすればおいしいのは間違 ...

マンニトール

2023年6月4日

マンニトール(Mannitol)は、化学式C6H14O6、モル質量182.17g/mol、LD50:810g(体重60kgの場合)で、経皮・吸入毒性、皮膚 ...

スクラロース

スクラロース(Sucralose)の1日の安全摂取量は0~15mg/kg体重で、体重60kgの人の場合は900mg程度と、比較的安全性が高く、遺伝毒性・発 ...

マルチトール

2023年7月13日

マルチトール(Maltitol)は、化学式C12H24O11、モル質量344.31g/mol、非常に水に溶けやすい天然にも存在する甘味料(糖アルコール)で ...

人工甘味料の種類と分類

日本で認可されている人工甘味料をまとめています。基本的に健康に害はない甘味料で、中には天然にも存在していて、効率化のために工業的にも生産されている人工甘味 ...

ソルビトール

ソルビトールは天然の果物にも存在する糖アルコールの一種で、毒性、遺伝毒性、変異原性、発がん性などはなく、むしろ抗がん作用があることが確認されています。虫歯 ...

ネオテーム

2023年6月4日

ネオテームの1日の安全摂取量(ADI)は1mg/kg、体重50kgの場合0.05g/kgで、腸内細菌への影響などはあるものの、遺伝毒性、発がん性などは報告 ...